このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

障害者控除対象者認定書の交付について

ページID:279558923

更新日:2020年4月2日

シェア

障害者控除とは

障害者手帳の交付を受けていない場合でも、新城市長が身体障害者等に準ずる者として認定した者は、税の控除(障害者控除)を受けることができます。新城市では、審査により身体障害者等に準ずる者と認定した方の「障害者控除対象者認定書」を交付しています。

認定基準

認定基準

区分

要件

障害者

  1. 要介護認定区分が「要介護1」以上の重度の者
  2. 主治医意見書の障害高齢者の日常生活自立度「A1」以上の重度の者、または認知症高齢者の日常生活自立度「2a」以上の重度の者
  3. 「特別障害者」に該当しない者

特別障害者

  1. 要介護認定区分が「要介護4」以上の重度の者
  2. 主治医意見書の障害高齢者の日常生活自立度「B1」以上の重度の者、または認知症高齢者の日常生活自立度「4」以上の重度の者

認定基準日

控除を受けようとする対象年の12月31日
(ただし、対象年中にお亡くなりになられている場合は、お亡くなりになられた日)

申請及び交付方法

申請できる方

本人またはその家族(家族以外が申請を行う場合は、委任状が必要です。)

申請先

新城市役所高齢者支援課・鳳来総合支所地域課・作手総合支所地域課

交付方法

申請から概ね1週間以内に、認定書を郵送にて交付します。

障害者控除対象者認定書

「障害者控除対象者認定書」は、対象年の申告に限り有効です。また、確定申告をする必要がある年ごとに、交付を受ける必要があります。なお、この認定書は税の控除のみに使用でき、障害者として障害サービスが受けられるものではありません。

お問い合わせ

新城市 健康福祉部 高齢者支援課

電話番号:0536-23-7688

ファクス:0536-23-7699

〒441-1392 愛知県新城市字東入船115番地 本庁舎1階

お問い合わせはこちらから


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ