新城市消防団協力事業所表示制度

  新城市では、平成28年4月1日現在、948名の消防団員が活動していますが、そのうちの810人、約85%の団員は、被雇用者であり、今後も増えていくことが予想されます。

 消防団活動は、普段仕事をしながら、有事の際には駆けつけていただくことが多い為、被雇用者の団員が消防団活動を続けるためには、事業所の方のご理解とご協力がどうしても必要です。

 新城市では、消防団員数が年々減少する中、地域防災体制の充実を図るため、平成22年4月1日より、勤務時間中の消防団活動への便宜、消防団員を複数人雇用しているなど、消防団活動に積極的に協力いただいている事業所に対し、『消防団協力事業所表示証』を交付する制度を行っています。

 

消防団協力事業所表示制度とは

  この制度は、消防団活動に協力している事業所が消防団協力事業所表示証を表示することで、当該事業所の社会的貢献を広く社会にアピールしていただくとともに、消防団活動への理解を深めていただくものです。
  表示証は事業所の見えやすい場所に表示していただくほか、事業所の印刷物やホームページに掲載いただくことも可能です。
 是非、多くの事業所の申請をお待ちしております。

 

 

    【表示証】      

新城市消防団協力事業所認定事業所一覧表(平成28年3月現在) [126KB pdfファイル] 

 

表示証の交付を受けるには

 

 

申請に必要な書類

以下の要綱を確認の上、申請書を消防本部に提出いただきます。

新城市消防団協力事業所表示制度実施要綱 [32KB docファイル] 

新城市消防団協力事業所表示申請書(様式第1号) [41KB docファイル] 

 

 

対象となる事業所

 

消防団関係法令上の違反がなく、かつ、次に掲げる基準のいずれかに適合している場合

  1. 従業員が消防団員として2年以上在籍し、かつ3名以上入団している事業所等
  2. 従業員の消防団活動について積極的に配慮している事業所等
  3. 災害時に資機材等を消防団に提供するなどの協力をしている事業所等
  4. その他消防団活動に協力することにより、地域の消防防災体制の充実強化に寄与しており、市長が特に優良と認める事業所等

 

 

新城市消防団マスコットキャラクターまもりん