このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

市内事業所の皆様へ 新城市新型コロナウイルス感染症対策協力金のご案内

ページID:207191905

更新日:2020年5月11日

シェア

協力金の申請書類・方法等について

協力金の申請に必要な書類や受付期間、提出先等、県・市に共通する申請情報を別ページに掲載しました。
詳しくは、「新型コロナウイルス感染症対策協力金の申請受付開始について」のページをご覧ください。

新城市新型コロナウイルス感染症対策協力金

本市では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために実施する愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金交付事業(以下、「愛知県市町村事業」)に併せて、本市独自の協力金「新城市新型コロナウイルス感染症対策協力金」(以下、「新城市休業協力金」)を交付することにより、事業者の皆様の更なるご協力のもと、新型コロナウイルス感染症拡大防止を図ります。

対象者

愛知県市町村事業の協力金交付対象施設のうち、休業や営業時間の短縮に協力いただいたいずれかの事業者

  1. 県の休業協力要請に応じようとしたが、始期に間に合わなかった事業者や愛知県市町村事業に気づくのが遅れた事業者など
  2. 県の休業協力要請の対象施設ではないが、協力をいただいていた飲食業(もともと午前5時から午後8時までの間で営業される飲食店、料理店、居酒屋、喫茶店など)

休業等要請期間

令和2年4月25日(土曜日)から5月6日(水曜日)
※4月25日(土曜日)までに休業要請、営業時間短縮にご協力いただいた事業者(連続した休業・営業時間の短縮が必要です。)

交付額

休業等の内容協力金支給額
要請期間中に全日休業した場合1事業者25万円
要請期間中の営業日における営業時間を4時間以上短縮した場合(※1)1事業者20万円
要請期間中の営業日における営業時間を1時間以上短縮した場合(※2)1事業者10万円

※1、※2食事提供施設において、営業時間が短縮要請時間内(朝5時から夜8時まで)に収まっている場合においても、営業時間を短縮する場合は支給対象とします。
(例)営業時間が朝10時から夜8時までの店舗が、朝10時から夜7時に短縮した場合は支給対象となります。

  • 注意1:営業時間が朝10時から夜10時までの店舗が、朝10時から夜9時に短縮した場合は支給対象外となります。
  • 注意2:4月26日(日曜日)から休業・営業時間の短縮をした場合は支給対象外となります。
  • 注意3:愛知県市町村事業の協力金50万円の補助対象となった場合は重複して交付を受けることはできません。

よくあるご質問と回答

お問い合わせ

新城市 産業振興部 商工政策課

電話番号:0536-23-7634

ファクス:0536-23-7047

〒441-1392 愛知県新城市字東入船115番地 本庁舎2階

お問い合わせはこちらから


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ