このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

成人男性の風しんの抗体検査・予防接種について

ページID:993422065

更新日:2020年1月6日

シェア

成人男性の風しんの抗体検査・予防接種について

 公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。
 そのため、2022年3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性が風しんの定期接種の対象者として追加されました。

風しんとは

 風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によっておこり、発熱や発疹、首や耳の後ろのリンパ節が腫れて数日で治ります。
 また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が感染すると、胎児に感染して先天性風しん症候群(難聴、先天性心疾患、白内障等)の子どもが生まれてくる可能性があります。

対象者

・新城市に住民票があり、昭和37年(1962)年4月2日~昭和54年(1979)年4月1日生まれの男性

<クーポン券の発送>

  • 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性には、6月中旬にクーポン券を発送しています。ただし、クーポン券の有効期間は年度内ですのでご注意ください。
    ※クーポン券を紛失された方は保健センターまでご連絡ください。
  • 昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性の方は、令和2年度以降にクーポン券を発送予定ですが、電話で保健センターにご連絡いただければ発行できますのでお問い合わせください。

実施の流れ

(1)抗体検査を受ける
 6月中旬に発送されたクーポン券と以下の物を持参し抗体検査実施医療機関で血液検査を受けてください。職場の健診や特定健診(国保加入者)と一緒に抗体検査を実施することもできます。

 持ち物:クーポン券、運転免許証や保険証、抗体検査受診票

(2)予防接種を受ける
 抗体検査の結果、十分な量の抗体がないことが判明した方は、風しん予防接種の対象となりますので、以下の物を持参し定期接種実施医療機関で予防接種を受けてください。

 持ち物:クーポン券、運転免許証や保険証、抗体検査結果

費用

 無料

実施医療機関

市内実施医療機関

新城地区

 あいきょうクリニック
 今泉病院
 内山医院
 くまがい医院
 新城市民病院
 しんしろフィットクリニック
 中根医院
 中村医院
 西新町整形外科
 のだクリニック
 むらまつ内科
 米田内科

鳳来地区

 織田医院
 静巌堂医院
 ながしのクリニック
 ほうらいクリニック
 星野病院

作手地区

 作手診療所

全国の実施医療機関

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)(外部サイト)

お問い合わせ

新城市 健康福祉部 福祉課

電話番号:0536-23-7624

ファクス:0536-23-7699

〒441-1392 愛知県新城市字東入船115番地 本庁舎1階

お問い合わせはこちらから


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ