このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

令和2年度高齢者肺炎球菌予防接種

ページID:646725348

更新日:2020年3月18日

シェア

令和2年度高齢者肺炎球菌予防接種(定期)

肺炎球菌予防接種は、高齢者の肺炎の原因となる病原体の中で最も頻度の高い「肺炎球菌」による肺炎を予防するワクチンです。肺炎は日本人の死亡原因の第3位で、75歳以上では死亡率が急激に増加します。

定期接種の対象者

市内に住所を有し、下記に該当する方
(1)令和2年度に次の年齢となる方
65歳(昭和30年4月2日から昭和31年4月1日生まれの方)
70歳(昭和25年4月2日から昭和26年4月1日生まれの方)
75歳(昭和20年4月2日から昭和21年4月1日生まれの方)
80歳(昭和15年4月2日から昭和16年4月1日生まれの方)
85歳(昭和10年4月2日から昭和11年4月1日生まれの方)
90歳(昭和5年4月2日から昭和6年4月1日生まれの方)
95歳(大正14年4月2日から大正15年4月1日生まれの方)
100歳(大正9年4月2日から大正10年4月1日生まれの方)

(2)60歳以上65歳未満の方で心臓、腎臓、呼吸器に著しい障害のある方やヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害のある方
(1)の該当年齢の方には4月上旬に個別通知しています。(予診票同封)
すでにこの予防接種を受けたことのある方は対象外となります。

接種費用

自己負担2,000円(医療機関に直接お支払いください。)

期間

令和2年4月1日(水曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

予防接種の受け方

  • 医療機関に直接予約して接種してください。
  • 接種には「高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種予診票」が必要です。
  • 接種する際、運転免許証・保険証など住所・年齢の確認できるものを医療機関に提示してください。
  • 対象者の中で生活保護世帯の方は、接種費用が免除されます。接種費用の免除を受けるには、福祉課が発行している「生活保護受給証明書」が必要です。
  • 入院等のため市外の医療機関等での接種を希望される方は、手続きが必要ですので新城保健センターまでお問い合わせください。

令和2年度高齢者肺炎球菌予防接種医療機関一覧

新城地区

  • あいきょうクリニック
  • 今泉病院
  • 内山医院
  • くまがい医院
  • 新城市民病院
  • しんしろフィットクリニック
  • ちさと医院
  • 茶臼山厚生病院
  • 中根医院
  • 中村医院
  • 西新町整形外科
  • のだクリニック
  • 緑が丘診療所
  • むらまつ内科
  • 米田内科

鳳来地区

  • 荻野医院
  • 織田医院
  • 静巌堂医院
  • ながしのクリニック
  • ほうらいクリニック
  • 星野病院
  • 宮本医院

作手地区

  • 作手診療所

関連リンク

お問い合わせ

新城市 健康福祉部 健康課

電話番号:0536-23-8551

ファクス:0536-24-9008

〒441-1301 愛知県新城市矢部字上ノ川1番地8 新城保健センター

お問い合わせはこちらから


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ