このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

新型コロナウイルスワクチンの接種について

ページID:601569451

更新日:2021年6月30日

シェア

新型コロナウイルスワクチン接種の予約に関することは、こちらから確認してください。

施設入所等の理由で住所地以外へ接種券の郵送を希望される場合の対処方法は、こちらから確認ができます。

新城市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画

接種開始時期

集団接種及び医療機関個別接種を令和3年5月29日(土曜日)から開始します。
新型コロナウイルスワクチンの接種は、高齢者から順次接種していきます。

接種順位

現時点で、国が示している優先順位は、以下のとおりです。
なお、この優先順位は、令和3年3月現在のもので、今後見直される可能性があります。

  1. 医療従事者等
  2. 65歳以上の高齢者
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等の従事者
  4. その他の者

医療従事者等

新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。)に直接医療を提供する施設の医療従事者など

65歳以上の高齢者

令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
※ワクチンの供給量、時期等により、細分化される可能性があります。

基礎疾患を有する者

病気等で治療中の方

昭和32年4月2日以降に生まれた方のうち、以下の病気等で治療中の方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

BMI30以上を満たす方

基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

ワクチンの種類

供給を受ける契約を行っているワクチンは、下記の3種類になります。
このうち、当面は、薬事承認されたファイザー社の新型コロナワクチンで接種が行われます。

各ワクチンの特性
製薬会社名 ワクチンの種類 接種回数 接種間隔
ファイザー社 mRNAワクチン 2回 21日
アストラゼネカ社 ウイルスベクターワクチン 2回 28日
武田/モデルナ社 mRNAワクチン 2回 28日

接種費用

接種費用は無料です。

持ち物

  1. 接種券(シールは剥がさずに台紙ごと)
  2. 本人確認書類(運転免許証、被保険者証等)
  3. 予診票

※お薬手帳をお持ちの方が、ご持参ください。

お問い合わせ

新城市 健康福祉部 健康課

電話番号:0536-23-1111

お問い合わせはこちらから


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ