このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

2回目の接種でファイザー社製ワクチンを選択できるようになりました

ページID:417822802

更新日:2021年10月21日

シェア

1回目にモデルナ社製ワクチンを接種した10代・20代の男性へ

新型コロナウイルスワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されており、10代・20代の男性では、モデルナ社製ワクチンより、ファイザー社製ワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向が見られました。
そこで、1回目にモデルナ社製ワクチンを接種した10代・20代の男性の方で、2回目の接種をファイザー社製ワクチンの接種を希望される方については、予約を取り直していただければファイザー社製ワクチンに変更できることを国が示しました。
本市においてファイザー社製ワクチンの接種に変更を希望される場合は、下記のとおり集団接種会場にて接種を受けられる機会を設定しますので新城市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(0536-22-9903又は9904)までご連絡ください。

対象者

市内在住の10代・20代の男性で、1回目にモデルナ社製ワクチンを接種した方
※10代・20代の女性やその他の年代の方のワクチン接種については、従来どおり同一のワクチンを接種することが原則となります。

対応内容

集団接種会場でのファイザー社製ワクチン接種へ変更ができます。

変更接種対応日

  • 10月23日(土曜日)
  • 10月24日(日曜日)
  • 10月30日(土曜日)
  • 11月7日(日曜日)

1回目の接種から27日以上の間隔をおかなければ2回目の接種ができませんので、接種日にはご注意ください。
なお、変更後の接種会場は旧新城東高等学校になります。

注意事項

上記の変更接種対応日で受け付けた方につきましては、既に予約済みの接種会場へキャンセルの連絡を必ずしていただきますようお願いします。

10代・20代の男性も、引き続きワクチンの接種をご検討ください。

新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。感染症による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。
新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して、皆さまに接種をおすすめしています。しかしながら、ワクチン接種は、あくまで本人の意思に基づき受けていただくものです。ご本人が納得した上で、接種をご判断ください。
詳細は、下記をご参照ください。

お問い合わせ

健康福祉部 健康課

電話番号:0536-23-1111(代表)※健康課へとお伝えください


サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ