中山間地域とは?

上島田集落   中山間地域とは、平野部とは違い耕作を営む条件が不利な地域を指します。山間地の多い日本では、このような中山間地域が、全体の69%を占めています。その中に、新城市も含まれています。

 

 

 

 

 

  

中山間地域の役割は?

役割  中山間地域は、流域の上流部に位置することから、農地が持つ洪水の防止などの多面的機能(新しい画面が展開します)を維持することによって、下流域を含む住民の暮らしを守っています。
 

 

 

 

 

 

  

中山間地域等直接支払制度とは?   

 中山間地域の農業においては、高齢化に伴う担い手不足や農産物価格の低迷、あるいは鳥獣被害(サル、シカ、イノシシ等)などにより、耕作放棄地が増大するなど、活力の低下が心配されており、新城市も例外ではありません。

 このため、中山間地域等における耕作放棄地の発生を未然に防止し、農業を続けながら農地が持つ多面的機能(新しい画面が展開します)を確保することを目的に、平成12年度から導入されたのが「中山間地域等直接支払制度」です。

 具体的には、適切な農業を続けられるよう、平野部と比べ不利な農業生産条件を補正するために支援を行なうもので、5年間の集落協定を結び共同活動などを通じ、農地を維持する農業者等に対し交付金を直接支払う制度です。

 

新城市における取り組みの概要

 平成12年度より取り組みを続けてきた本制度も、平成27年度で第4期対策を迎えることとなりました。新城地区で鳥原集落はじめ49集落、鳳来地区で西竹ノ輪集落はじめ18集落、作手地区で小田集落はじめ27集落、計94集落の集落協定と、新城・作手地区において2名の認定農業者が個別に取り組む個別協定とで、合計96協定が認定されており、非農業者を含め1,140名の方が協定に参加しています。
 各集落等においては、協定参加者が共同で農地や水路・農道などを維持・管理し、農業を継続するとともに、耕作放棄地の発生を未然に防止することを目的とした取り組みを行なっています。
 また、協定締結内容に基づき、鳥獣被害防止対策、担い手の育成・確保、農業用機械の共同利用などの取り組みや、地元小学校などと連携した取り組みが行なわれています。
 こうした活動経費に、交付金が使われています。なお、この交付金は、国が1/2、県が1/4、市が1/4負担をしています。

 

平成27年度実施状況                                           

 平成27年度中山間地域等直接支払制度実施状況(新城市) [195KB pdfファイル] 

 

参考資料

 中山間地域等直接支払交付金実施要領 [206KB pdfファイル] 

 中山間地域等直接支払交付金要領の運用 [697KB pdfファイル] 

 新城市中山間地域等直接支払交付金交付要綱 [303KB pdfファイル] 

 集落協定書様式(第4期) [1012KB xlsxファイル] 

 協定書記載イメージ [399KB pdfファイル] 

 パンフレット(平成28年版) [6860KB pdfファイル] 

 制度説明用資料(市作成) [103KB docファイル] 

様式集
○実績関係

 01.実績報告書(鏡) [24KB docxファイル] 

 02.実績報告(様式) [103KB xlsファイル] 

 03.実績報告(記入例) [2819KB xlsファイル] 

 04.総会報告(参考様式) [14KB docxファイル] 

 05.監査報告(参考様式) [14KB docxファイル] 

 06.個人配分計算書 [33KB xlsファイル] 

 07.個人配分計算書(記入例) [17KB xlsxファイル] 

 実績報告作成にあたって [126KB pdfファイル] 

○変更関係

 01.計画変更の認定申請(鏡) [84KB xlsxファイル] 

 02.変更届(鏡) [18KB docxファイル] 

 03.軽微な変更様式(一式) [66KB xlsxファイル] 

 04.名簿追加様式 [137KB xlsxファイル] 

 変更が必要な事項について [99KB pdfファイル] 

○その他

 作業受委託契約書(様式) [60KB xlsファイル] 

 機械等利用簿 [34KB xlsファイル] 

 共同資産管理台帳 [29KB xlsファイル]