1. 利用権設定とは

 農地を借りて経営規模の拡大を図りたい農家と、高齢化や兼業化あるいは後継者がいないなどの理由により耕作できない農地所有者との間で、農地貸借等の権利(利用権)を設定し、農地の有効活用と農業振興を図ることを目的とする事業です。

 本来、農地の貸し借りをする場合には、農地法第3条許可が必要ですが、利用権設定事業で貸し借りする場合は農地法第3条許可が不要になりますので、簡単な申し込みで農地の貸し借りができます。

 貸し借りの種類には一定の料金(または米などの物納)を支払う「賃借権」と、無償で貸し借りをする「使用貸借権」の2種類があり、当事者間の意向により定めることができます。

 

2. 貸し手(所有者)と 借り手( 耕作者)のメリット

 <貸し手>

  • 契約期間は当事者間で自由に決めることができます。
  • 契約期間が終了すれば、自動的に農地が貸し手に返還されます。
  • 返還の際に離作料を支払う必要はありません。
  • 農地を荒地にすることなく、有効的に利用・管理してもらえます。

 

 <借り手>

  • 経営規模の拡大、農地の集積など農業経営の効率化を図ることができます。
  • 契約期間中は安心して耕作ができます。
  • 利用権の更新(再設定)により、継続して農地の貸し借りができます。(※双方合意)

 

3. 利用権設定を受ける要件

 貸し手の要件

  • 農地の所有者ならどなたでも貸すことができます。

  ※ただし、市街化区域の農地を除く。

 

 借り手の要件

  • 年間60日以上農業に従事している方。
  • 営農面積が利用権設定する農地の面積を含め、新城市の下限面積を超えていること。

  (申請地が新城・作手地区の場合は3,000m2以上鳳来地区の場合は1,000m2以上であること。)

  • 農地の集積および有効活用を図り、農業経営規模の拡大を志す方。

 

4. 申請について

 利用権設定による農地の貸し借りを希望する方は、「利用権設定明細書(契約書)」を記入の上、農業委員会まで提出してください。

  • 「利用権設定明細書(契約書)」は農業課の窓口でも配布します。
  • 申請の締切日は毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は、翌開庁日)です。

  ※締切日を過ぎると翌月の審査になります。

 

 5. 手続きの流れ

 1. 農業委員会事務局に申請書類(利用権設定明細書(契約書))の提出 

  ※申請締切:毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は、翌開庁日)

 2. 毎月開催される農業委員会の事前審査会で審議

 3. 農業委員会の総会において承認、決定

 4. 農用地利用集積計画の公告

 5. 利用権設定手続き完了通知(月末に契約書とともに郵送)

  ※契約期間終了に際しては、貸し手・借り手の双方に市から終期案内を送付します。

   (契約更新を希望される場合は再度1からの手続きが必要となります。)

 

6. 提出書類等

  ・記載例 利用権設定明細書記載例 [24KB xlsxファイル] 

  ・記載例 営農計画書記載例 [43KB xlsファイル] 

  ※新規就農する方または初めて下限面積を超える場合のみ提出

  ※新城市の下限面積は新城・作手地区は3,000m2、鳳来地区は1,000m2

 

提出先 

書類は3部作成のうえ、下記窓口に提出をお願いします。

農業委員会事務局(市役所農業課内)         電話:0536-23-7632
   鳳来地区:(鳳来総合支所地域課地域整備係内) 電話:0536-22-9934
   作手地区:(作手総合支所地域課地域整備係内) 電話:0536-37-2289