人・農地プランとは

農業の担い手の高齢化と不足、耕作放棄地の増加等の厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を住民と行政が一体的に解決していく必要があります。
そこで地域の農業の5年後、10年後までに、誰がどのように農地を使って農業を進めていくのかを集落・地域内で徹底的に話し合い、「未来の設計図」となる「人・農地プラン」を作成します。
このプランの取りまとめ役は市町村で、地域の担い手(農地の引き受け手)を「地域の中心となる経営体」と呼び、農地の集積計画や利用図を作成し、地域における将来的な農業の設計図を描いていきます。

人・農地プラン概要.pdf [1285KB pdfファイル]  

 

人・農地プラン作成のメリット

未来の設計図である人・農地プランを作成することで、行政、地域住民ともに地域農業の現状、課題を再認識し、より良い農業に向けての展望を描く助けとなります。
また、話し合いによって作成された人・農地プランに位置づけられた中心経営体は「青年就農給付金(経営開始型)」、「経営体育成支援事業」、「スーパーL資金の当初5年間無利子化」などの支援を受ける権利を得ることができます。
詳しくは農林水産省のHPをご覧ください。

 

新城市の人・農地プランについて

新城市では市内全域を10の区域(10の区域とは主に中学校を目安とし、新城地区は新城、千郷、東郷、舟着、八名の5地域、鳳来地区は鳳来中部、鳳来南部、鳳来東部、鳳来北西部の4地域、作手地区は1地域の計10地域)に分け、平成28年度末までに作成済みです。これらの人・農地プランは閲覧可能です。閲覧を希望される方は、農業課の窓口までお越しください。

 

今後の人・農地プラン見直しについて

人・農地プランの内容の向上を図っていくため定期的に話し合い、プランの見直しを行っていく必要があります。各地域、集落で話し合いを順次行っていきます。各生産組合長様へ通知し、こちらから出向いて話し合いを行っていく予定です。通知前でも地域から要望があれば対応させていただきます。地域内での意向が高まりましたらいつでもお気軽にご相談ください。