新城市八束穂地内の新東名高速道路新城インターチェンジと一般国道151号新城バイパスとの結節点に、市内で3箇所目となる道の駅「もっくる新城」が、平成27年3月21日土曜日に開駅しました。

 「もっくる」とは、木材・来るの意味です。ぬくもりを感じる木材をふんだんに使用し、地域の産物を余すことなく活用し、人々が集まる(来る)活気あふれる道の駅をイメージし、全国から応募された中から選ばれた名称です。

 奥三河全体で連携し、観光をはじめ地域の活性化を図る「奥三河観光ハブステーション」として、地域の魅力を発信するとともに人の集う施設を目指します。

 

道の駅もっくる新城 ホームページ(新しい画面が展開します。)

 

施設概要

所在地

新城市八束穂字五反田329-7

駐車場

小型車 75台

大型車 13台

身障者用 2台

トイレ

男性 (小)8器 (大)3器

女性 11器

多目的 2器

その他

道路・観光案内施設、飲食・物販施設、足湯、電気自動車用充電器(急速/普通)など

構造・面積等

木造2階建て

延べ面積 1,073.69平方メートル

施設の状況

外観

内観

施設図面

配置図

配置図 [410KB pdfファイル] 

平面図

本体棟1階 [1305KB pdfファイル] 

本体棟2階 [1841KB pdfファイル] 

案内所棟 [1224KB pdfファイル] 

立面図

南面・西面 [398KB pdfファイル] 

北面・東面 [488KB pdfファイル] 

案内所棟 [1023KB pdfファイル] 

設計コンセプト

  • 新城(奥三河)の木材をふんだんに使った人に優しい施設
  • 「道の駅」から「まちの駅」へ 人が集まる施設
  • 世代間の交流に寄与する施設

「21世紀の馬防柵」として、地元産材を用いて木組みの架構とする。

 

問合せ先

道の駅もっくる新城

電 話 0536-24-3005
FAX 0536-23-0015
Eメールアドレス shinshiro@mokkulu.jp