平均標高500mの作手高原で栽培されるトマトは、朝晩の寒暖差が大きいため味がしっかりしています。