乗本万灯

 

 毎年お盆の8月15日の晩、乗本地区の万灯山と呼ばれる小山で鉦・太鼓・笛の囃子とともに、若者らが縄のついた麦稈製の万灯(シャトルコック状)に火をつけて頭上で振り回します。精霊送りと悪霊鎮送の呪術と考えられています。
 行事は、勇壮な動作で、若者の通過儀礼の要素をもちます。「長篠の戦い」の戦死者を弔うという伝承をもち、新城地区の 「信玄原の火おんどり」と共通しているところがあります。

乗本万灯1 乗本万灯2