鍋づる万灯

 市川地区にある万灯山。毎年お盆の8月15日の夜、大きな松明を山の斜面に立て、一斉に点火する万灯祭が行われます。
 明々と燃える松明が、鍋弦の形をしていることから「なべづる」万灯と呼ばれ、京都の大文字焼きと同じく精霊送りの行事です。、雨乞いや、水田の害虫うんかを退治する行事として伝えられたとも言われています。

鍋づる万灯