阿寺の七滝

種別阿寺の七滝

国指定名勝・天然記念物

指定年月日

昭和9年1月22日

所在地

新城市下吉田字ハダナシ

マップコードロゴ 301 107 624*63

「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。)

説明

日本の滝百選の1つにも選ばれ、巣山高原から流れ落ちる水が、礫岩の断層崖に七段の滝となりこれが七滝である。

下から第1の滝9m。第2は13m、第3は7m、第4の滝25m、第5の滝2m、第6の滝4m、第7の滝2m、計62mの高さである。その中で第2の滝は深さ4m、第5の滝には深さ7mの滝つぼがある。

これは落ちこんだ岩石が、永年の間に水圧に転がされ岩が削れてポットホールとなったものという。なお、下から仰いで見えるのは、第4までである。

この滝は、礫岩にかかっていることと、巨大なポットホール(甌穴)のあることが学術上重要なものとして滝をふくむ約9.1ヘクタールが指定を受けている。

七滝が落ちる断層崖の礫岩は、礫が丸味をおびて20センチメートル前後のものが多い。砂岩、泥岩・花崗岩など中・古生代の岩石の礫から構成されている。

下段より霹靂(へきれき)滝、虎嘯(こしょう)滝、龍攘(りゅうじょう)滝、長霓(ちょうげい)滝、雄飛(ゆうひ)滝、素練(それん)滝、敲壺(こうこ)滝という呼び名もある。

 

【参考文献】

「目で見る鳳来町の文化財」 平成元年 鳳来町教育委員会

「鳳来町文化財ガイド」 平成10年 鳳来町教育委員会

「奥三河1600万年の旅」 昭和62年 横山良哲