黄柳野つげ自生地(つげのつげじせいち) 黄柳野つげ自生地標柱

種別

国指定天然記念物(植物)

指定年月日

昭和19年3月7日

所在地

新城市黄柳野字新谷

マップコードロゴ 43 684 616*36

(「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。)

説明

甚古山(じんご)の北斜面、標高200から300mにわたる約40ヘクタールの地域に、ウバメガシ、サカキなどの暖地性植物とともにツゲが繁茂している。

このうち密度の高い2.03ヘクタールが国の指定を受け、当時、ツゲの北限として貴重とされたが、その後さらに北方に発見されたので、現在は自生地の林相が重視されている。

ツゲは樹高3mほどの暖地性の小喬木で、石灰岩、蛇紋岩地帯等の地質に見られ、成長が遅く、当地域の一番太いものでも直径10センチ程度である。

したがって材は緻密でねばりがあり、そったりひび割れをしないので、印鑑、将棋の駒、そろばんの玉、櫛などの材料とされてきた。 

【参考文献】

「鳳来町文化財ガイド」 平成10年 鳳来町教育委員会

「目で見る鳳来町の文化財」  平成元年 鳳来町教育委員会