東海自然歩道とは

 東海自然歩道は、東京の「明治の森高尾国定公園」から大阪の「明治の森箕面国定公園」まで、太平洋メガロポリスの背後を通り、緑豊かな自然と貴重な歴史を伝える文化財をたずね、心身の健康と安らぎを与える全長1697キロメートルの歩道です。

 この歩道は、昭和44年厚生省(現在の環境省)が、我国で最初の長距離歩道構想として発表し、国民の大きな支持をえて昭和45年度から事業に着手したもので、国民共通の遺産であり誇りでもある美しい日本の自然を国民の誰もが心ゆくまで探勝できるようにという願いがこもっています。また歩道を含む周辺一帯のほとんどが国立、または国定公園地域となっており、沿線の自然は法律によって保護され、都市化や産業開発によって失われようとする自然の防波堤の役目も果たしています。

 

新城市のコース

 県境(鳶ノ巣山麓)からかしやげ峠(鞍掛山手前)までが新城市内のコースとなります。

 各ポイント間の距離や所要時間はこちら [62KB xlsファイル] を参考にしてください。