木造不動明王立像(もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう)

種別 不動明王画像

県指定有形文化財(彫刻)

指定年月日 

昭和53年3月15日

説明

本像は像高約100㎝を測り、寄木造りで玉眼をはめ込み、黒漆仕上げとなっています。

頭部から体部は造像当初のままで、頭部は髪を荒く盛り上げたように刻み出しています。頸部には三道(さんどう)を刻み、上半身は裸形で条帛(じょうはく)のみを纏い、前面は膝下まで、後面は足首まで裳で覆われ、やや細めの体つきで、鎌倉時代の作と考えられています。

【参考文献】

鈴木重安 1956 改訂八名郡誌

鳳来町教育委員会 1967 鳳来町誌 文化財編

鳳来町教育委員会 1998 鳳来町文化財ガイド