勝変塚古墳(しょうへんづかこふん)

種別勝変塚古墳の全景

新城市指定史跡

員数

1基

指定年月日

昭和33年4月1日

所在地

新城市一鍬田字実盛 地内

説明

この古墳は、すぐ南側を宇利川が流れ、低い段丘上に立地しています。

墳形は円墳で、時期は古墳時代後期とされています。

また、八名郡誌では「小便塚」と記述されています。「勝変(しょうへん)」と「小便(しょうべん)」という語呂から生じたものと考えられますが、「勝変」というお坊さんを祀った墓であると言われています。

 

 

名 称

直 径

高 さ

形 状

備 考

勝変塚古墳 8m 1.7m 円墳

墳丘の周囲は削られ、天井石等が露出している