信玄塚(しんげんつか)

種別信玄塚(大塚)

新城市指定史跡

指定年月日

昭和33年4月1日

所在地

新城市竹広字信玄原

新城市設楽原歴史資料館の南隣)

時代

天正3年(1575)

内容

天正3年(1575)の長篠の戦いの戦死者を埋葬した塚とされる。塚は2つ築かれ、その上には松を植えて、武田軍を弔った方を大塚、徳川・連合軍側の死者を弔った方が小塚と呼ばれたとも伝承される。また、これを信玄塚と呼ぶようになったのかは、諸説あって不明である。

さらに、この塚から発生した蜂を退治するため供養を行ったことが、火おんどり(愛知県指定無形民俗文化財)の始まりとされる。

信玄塚(小塚)