山ノ神年占(やまのかみとしうらない)

種別小畑のおためし

新城市指定無形民俗文化財

指定年月日

昭和33年4月1日

開催地

新城市小畑字大入

(延命寺付近。本殿に向かって右側の小路から山内に入る。)

平成23年度について

平成23年11月27日(日曜日) 

午前5時30分より唐土神社出発、午前6時30分より山内で開催予定

説明

地元では「おためし」と呼ばれるこの行事は、小畑地区に古くから伝えられてきた神事で、毎年旧暦11月の初申の日の未明に行われます。

東の空が白み始める頃、神事は始まります。唐土神社を出た氏子総代は山の神、愛宕社を祀る山中に入ります。両祠の前には簀の子を敷いた祭壇が設けられ、御幣・女竹の壷に入れたお神酒・小豆飯がお供えされます。

その後、前年のお祭りの日に土中に埋めた瓶を取り出します。この瓶の中には、小豆飯が入れられており、神事は中の状態を細かに調べ、それをそばの沢に流しながら、来年の豊凶を占います。

米・小豆が元の形をどれほど保っているかで作柄の上・中・下が、その量によって収穫の多少を占います。

中の水の量によって、洪水・旱魃の様子を占います。

異物の混入で異変を占います。

占いが終わると、瓶に新しい小豆飯を入れ、再び土中に納めて神事を終えます。年占いの神域は女人禁制となっており、その習わしは今も堅く守られています。