絹本著色三千仏名宝塔図(けんぽんちゃくしょくさんぜんぶつみょうほうとうず)

種別三千仏名宝塔図

国指定重要文化財(絵画)

指定年月日

平成6年6月28日

所有者

宗教法人

時代

鎌倉時代

説明

この三千仏塔図は、いわゆる「三劫三千仏名経」の説くところに従い、向かって右側の宝光部分に一千の過去仏名が書かれ、中央宝塔部分は一千の現在仏名が書かれています。さらに、左側の宝光部分は一千の未来仏名が書かれています。

緻密に仏名を書き連ねた文字で三重の塔とその放射光を表わし、塔の基壇の周囲を大勢の人物が取り巻いて塔を仰ぎ見る形で菩薩・天部・兜卒・人物等が円陣を作っている。宝塔の功力に感動した諸形人物の劇的な情景が見事に表現され、その個々の表現をみると、鎌倉時代の絵巻物を見るように、それぞれが異なった表情を示し、写実性を基本におきながらある部分では大胆な誇張が見られ、不思議な魅力を漂わせている。

驚くほどの緻密な計算に裏づけられた完璧な字配りと構成がなければ、これほどの文字絵は描くことができるはずはないとも評価されています。

この絵画は、かつて足利尊氏の従弟である真応上人が尊氏の戦勝祈願をしたところ、その感謝の念を表わすために、上人が住職をしていた寺に足利尊氏が寄進したものであると考えられています。

その他

形状:掛軸装、法量:128センチメートル×65.8センチメートル

新城図書館(ふるさと情報館)2階の郷土資料室でレプリカを展示しています。

 【参考文献】

新城文化財案内  平成9年  新城市教育委員会