ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

若者チャレンジ補助金(平成29年度)

新城市若者条例(平成26年新城市条例第56号)第12条第1項に基づき、若者世代の柔軟で斬新な発想によるまちの活性化や賑わいの創出、及び市民協働によるまちづくりの担い手育成を図ることにより、若者が活躍するまちの形成に関する活動を支援するため、新城市若者チャレンジ補助金を創設しました。

 

若者チャレンジ補助金審査会

平成29年7月30日(日)新城市消防防災センターにおいて審査会を開催しました。事業のプレゼンテーション、審査員との質疑応答が応募団体ごとに行われました。

 プレゼンの様子(TEAMはなまち)

プレゼンの様子(東三河HighSchool Meeting)

プレゼンの様子(新城ユースの会)

プレゼンの様子(ENDLESS)

会場の様子

 

以下のとおり採択団体が決定しました。

若者チャレンジ補助金採択団体一覧 [101KB pdfファイル] 

 

若者チャレンジ補助金を受けることができる事業
  • 若者が新たにチャレンジする事業
  • 市内で実施される事業
  • 目的及び計画が策定されている事業

こちらの事業が対象となります。詳しくはご相談ください。

補助対象事業一覧 [205KB pdfファイル] 

 

若者チャレンジ補助金を受けることができる団体

補助金の交付を受けることができる者は、若者を中心として構成された団体で次の団体とします。

※ 若者・・・新城市若者条例第2条で定めている「おおむね13歳からおおむね29歳までの者」を言います(市外の若者の方も含みます)

  • 若者5人以上で構成する団体であること
  • 団体の構成員の過半数が若者であり、かつ構成員に20歳以上の者が1人以上含まれていること

 

若者チャレンジ補助金の補助率等
  1. 団体の構成員のうち中学生が過半数を占める団体

 補助率    10分の10以内

 補助限度額  5万円

2.団体の構成員のうち高校生が過半数を占める団体

 補助率    10分の10以内

 補助限度額  10万円

3.若者一般(上記以外)

 補助率    10分の10以内

 補助限度額  50万円 

 

 申請方法及び補助金交付までの流れ

以下の書類をまちづくり推進課までに提出してください。事前にご相談いただきますと、申請手続きがスムーズに進みます。

1.申請書の提出

 補助金交付申請書(様式第1) [22KB docxファイル]  を提出してください。

 ※ 平成29年6月9日(金)から7月6日(木)までが申請期間です。

 

2.プレゼンテーション

 補助金審査委員会で事業の説明をしていただきます。(時期:7月30日(日)午後1時から 場所:新城市消防防災センター災害対策本部室)

3.申請書の決定

 申請者に「補助金交付決定通知書」を送付します。(8月中旬)

 ※ 申請内容に変更がある場合、補助金計画変更承認申請書 [15KB docxファイル] を提出してください。

4.事業の実施・完了

 事業完了後速やかに、補助金実績報告書 [21KB docxファイル] を提出してください。

5.実績報告書の受理・審査

 審査後、「補助金確定通知書」を送付します。

6.請求書の送付

 確定通知書受理後、補助金請求書 [16KB docxファイル] を提出してください。

7.報告会の実施

 事業の報告会を行います。(3月予定)

申請から交付までの流れについて [34KB docファイル]  

 

若者チャレンジ補助金審査会(平成28年度審査会の様子)

 プレゼンテーションの様子(高校生の部)

 プレゼンテーションの様子(中学生の部)

 会場の様子

 審査委員長の講評

 審査委員の面々

     このページを印刷する - 若者チャレンジ補助金(平成29年度)  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる