農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想

趣旨・目的

 「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」(以下「基本構想」という。)は、農業経営基盤強化促進法第6条の規定に基づき策定するもので、地域の特性に即した農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な目標や、効率的かつ安定的な農業経営の指標、新たに農業経営を営もうとする青年等が目標とすべき農業経営の指標、農用地の利用集積に関する目標等について定めるものです。

 

構想期間

  基本構想は、同法施行令第2条の規定により、「おおむね5年ごとに、その後の10年間につき定めるものとする。」とされています。

  前回の見直しは、平成26年に法改正に伴う一部の見直しはありましたが、総合的な見直しは平成24年に行われており、5年が経過した

 ことから今回見直しを行うものです。

 

詳細 

 詳細は「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想」をご覧ください。

      (必要な方はこちらを印刷してください) 

 

農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想

農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想 [851KB pdfファイル]