ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

若者合宿補助金(平成27年度~)

若者滞在型まちづくり活動支援事業補助金について

新城市若者条例(平成26年新城市条例第56号)第11条に基づき、若者滞在型まちづくり活動の誘致を促進し、若者が活躍し定住しやすい環境の充実及び継続的に地域住民と若者との交流による新城の魅力向上と新たな賑わいの創造を図るため、若者の滞在型まちづくり活動の繁忙期(7月~9月)以外の宿泊経費に対して交付する若者滞在型まちづくり活動支援事業補助金です。予算の範囲内で補助を行います。

 

補助金を受けることができる対象者

補助金の交付を受けることができる者は、まちづくり活動を行う団体に所属している若者又はその主宰者(学校等の教諭、教授等もしくは部活動、サークル、ゼミ、団体等の代表者をいう)とします。

※ 若者・・・新城市若者条例第2条で定めている「おおむね13歳からおおむね29歳までの者」を言います。

補助金を受けることができる対象事業

1.提案型まちづくり活動

 学校等又は若者団体が市の区域内において宿泊して行う研究、調査、学習のうち、地域が抱える課題を調査研究し、市に施策提案を行うまちづくり活動を言います。

※ 若者団体・・・若者5人以上で構成される団体

2.合宿型まちづくり活動

 若者が団体の活動計画に基づき、自己の体力又は学力向上のために、市の区域内に宿泊して行うスポーツ及び学習活動を言います。

3.ゼミ合宿・ゼミ視察活動

 大学等のゼミにおいて、研究テーマとして市に関係する題材を取り上げている者が、ゼミの担当教官の許可を得た上で市に滞在して行う合宿又は視察活動を言います。

補助金の額等

1.提案型まちづくり活動

 1人1泊当たり補助額 1,500円以内

 1団体当たり上限額  15万円以内

2.合宿型まちづくり活動

 1人1泊当たり補助額 1,000円以内

 1団体当たり上限額  10万円以内

3.ゼミ合宿・ゼミ視察活動

 1人1泊当たり補助額 1,500円以内

 1団体当たり上限額  5万円以内

 申請方法及び補助金交付までの流れ

以下の書類をまちづくり推進課まで提出してください。事前にご相談いただきますと、申請手続きがスムーズに進みます。

1. 申請書の提出

 下記の書類を提出してください。(合宿の2週間前までに)
 補助金交付申請書(様式第1).docx [19KB docxファイル] 
 事業計画書(様式第2).docx [20KB docxファイル] 
 ※参考 参加者名簿.docx [21KB docxファイル] 

 ※1.ゼミ合宿・ゼミ視察活動はゼミ合宿・ゼミ視察活動認定書 [34KB docファイル] も提出してください。

 ※2.7月~9月の宿泊経費は対象外です。

2. 交付の決定

 申請者に「補助金交付決定通知書」が通知されます。(合宿前までに)

 ※ 参加人数等に変更があった場合は、補助金計画変更承認書(様式第4).docx [19KB docxファイル] を提出してください。

3. 合宿時

 新城市内で合宿を実施。

 宿泊施設より宿泊証明書(様式第8).docx [20KB docxファイル] に証明をもらってください。

4. 実績の報告

 下記の書類を提出してください。(合宿後20日以内までに)
 実績報告書(様式第6).docx [19KB docxファイル] 
 活動成果報告書(様式第7).docx [19KB docxファイル] 
 宿泊証明書(様式第8).docx [20KB docxファイル] 
 収支決算書(様式第9) [19KB docxファイル] 
 ※参考 参加者名簿.docx [21KB docxファイル] 

5. 実績報告書の受理・審査

 審査後、「補助金確定通知書」を送付します。

6. 請求書の送付

 確定通知書受理後、補助金請求書(様式第11).docx [20KB docxファイル] を提出してください。

 補助金申請から交付までの流れ.doc [33KB docファイル] 

     このページを印刷する - 若者合宿補助金(平成27年度~)  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる