新城市耐震改修促進計画(28年4月一部改訂)

  

新城市では、愛知県と協力しながら住宅の無料耐震診断や耐震改修費助成を行ってきましたが、大規模な地震はいつ発生するかわからないため、住宅や建築物の耐震化をこれまで以上の速さで促進し、市民のみなさんの生命や財産を守るために、「愛知県建築物耐震改修促進計画」で定められた内容を踏まえ、平成20年3月に具体的な耐震化の目標及び目標達成のため、必要な施策を定める「新城市耐震改修促進計画」を策定しました。

 

当初計画において、計画期間を平成27年度、住宅の耐震化の目標を90%として計画を進めてきましたが、国の新成長戦略(平成22年6月18日閣議決定)において「平成32年度までに耐震化が不十分な住宅の割合を5%以下とする」ことが明記されました。愛知県ではこれを踏まえ、耐震改修促進計画の計画期間及び耐震化の目標を見直しました。

このような国や県の動向を踏まえ、本市でも、本計画の改訂を平成25年3月に行い(平成28年4月一部改定)、施策の推進に取り組んでいます。

 

新城市耐震改修促進計画 [3280KB pdfファイル]