第1次新城市総合計画が策定されました

~自治のまち・自立のまち・未来に引き継ぐまち~市長写真

   市民(ひと)がつなぐ 山の(みなと) 創造都市』  をめざして

 

 歴史的な3市町村合併から2年半。合併にともなう調整や一体化にむけたさまざまな取組みを続けながら、私たちは「新生・新城市」の総合計画を速やかに策定すべく努力を続けてまいりました。
 市政運営にあたって、地方自治法は総合的な行政を求めています。公共サービスが多様化し、市民生活のあらゆる領域に関係している今日、限られた分野だけに光をあてることは許されません。公平で、公正な税財源の配分がなされていると、市民が納得のいく市政運営が不可欠です。
 また地方自治法は、総合的であるとともに計画的な行政運営を求めています。場当たり的であったり、力関係のありようですぐに左右されたりする施策運営が許されないことは、言をまちません。市民の現在の利益と将来の利益をしっかりとつなぎ、目標を定め、着実にまちづくりを進める計画が必要です。
 このような意味で総合計画は、旧市町村の単純な合算とはちがった、新生・新城市としてのめざすべきビジョンを打ちたて、市民全体の納得のうえで諸施策を遂行していく合意文書の役目を持っています。
 ここにお届けする『第1次新城市総合計画~山の湊しんしろ経営戦略プラン~』は、平成19年度にさまざまな議論を重ねたうえに策定されたものです。公募市民委員を含めた「総合計画審議会」にその中心的役割をになっていただきましたが、それとともに、市民参加のワークショップ、各種団体からの聞き取り、市民5,000人と中学3年生全員へのアンケート、パブリックコメントなどが行われ、市民の多くの願いや思いが汲み取られています。
 自治と分権の改革は、これからの日本のあり方を決める大いなるチャレンジであります。地域のことは地域が決め、地域が責任を持つ。市民に身近なサービスは身近な地方政府(自治体)が行う。――こんな自治都市を市民みなの力を合わせて築いてまいりたいと思います。
 本総合計画には、そのようなまちづくりを進めるために必要なさまざまな仕組み、計画、施策が盛り込まれています。また市民協働のまちを創るための新しい理念や目標も定められています。
 この計画を力強く前進させるスタートにあたり、すべての市民みなさまに、総合計画の概要版をお届けするとともに、市長以下市職員一同、本計画の実現を与えられた最大の使命と受け止め、全力をつくしていくことをお伝えいたします。

                                     平成20年4月

                                        新城市長  穂積亮次
 

第1次新城市総合計画(基本構想、基本計画、実施計画など)の詳細についてはこちら