世界の新城ニュース「Newcastles of the World Newsletter」 

イギリスのニューカッスル・アポン・タイン市が中心となって編集、発行しています。(すべて英語です)

Newcastles of the World News(2016年8・9月) [4201KB pdfファイル] 
新東名高速バス開通、薪能、長篠合戦のぼりまつり、被災地訪問について紹介されています。

Newcastles of the World News(2016年5月) [3596KB pdfファイル] 
若者議会熊本支援、スイスヌシャテル前市長来訪、奥三河パワートレイルについて紹介されています。

Newcastles of the World News(2015年12月) [3858KB pdfファイル] 
新城市長マニフェスト大賞受賞、万博10周年、新城ラリー、新城歌舞伎、新東名サイクルイベントなどについて紹介されています。

Newcastles of the World News(2015年10・11月) [4815KB pdfファイル]
合併市政10周年記念式典、高校生海外派遣について紹介されています。 

Newcastles of the World News(2015年8月) [3909KB pdfファイル] 
映画「あん」、第1回若者議会、戦国時代イベント、奥三河パワートレイルについて紹介されています。

Newcastles of the World News(2015年4月) [2693KB pdfファイル] 
もっくる新城オープン、若者政策キックオフシンポジウム、さくらまつりについて紹介されています。

Newcastles of the World News (2014年12月) [3657KB pdfファイル] 
新城ラリー、アラモ派遣、新城市若者政策ワーキングの様子が紹介されています。

Newcastles of the World News(2014年9月) [3262KB pdfファイル] 

Newcastles of the World News(2014年6月) [2598KB pdfファイル] 

Newcastle Newsletter(2014年2月号) [1225KB pdfファイル] 

Newcastle Newsletter(2013年11月号) [3705KB pdfファイル] 

Newcastle Newsletter(2013年7月号) [2284KB pdfファイル] 

Newcastle Newsletter(2013年1月号) [2720KB pdfファイル] 

 

 

世界新城アライアンス加盟都市

1 ニューカッスル・アンダー・ライム市(Newcastle under Lyme)/イギリス

2 ニューカッスル・アポン・タイン市(Newcastle upon Tyne)/イギリス

3 ヌフシャトー市(Neufchateau)/フランス

4 ノイブルグ市(Neuburg an der Donau)/ドイツ

5 ヌシャテル市(Neuchatel)/スイス

6 ノヴェフラディ市(Nove Hrady)/チェコ

7 ヤンピルス市(Jaunpils)/ラトビア

8 アハルツィヘ市(Akhaltsikhe)/グルジア

9 ニューカッスル市(Newcastle, Kwazulu Natal)/南アフリカ

10 コタバル市(Kota Bharu)/マレーシア

11 ニューカッスル市(サウスウェールズ州)
   (Newcastle, New South Wales)/オーストラリア

12 ニューキャッスル地区(オンタリオ州クラリントン市)
   (Newcastle, Clarington, Ontario)/カナダ

13 ニューキャッスル市(インディアナ州)(New Castle, Indiana)/アメリカ

14 ニューキャッスル市(ペンシルベニア州)(New Castle, Pennsylvania)/アメリカ

15 ニイボーグ市(Nyborg)/デンマーク

16 ノヴェザムキー(Nove Zamky)/スロバキア

17 新城市/日本  

※Newcastles of the Worldの専用ウェブサイトをご覧いただけます。(英語)

 http://newcastlesoftheworld.com/

 

↓(以下の内容は、平成10年に第1回世界新城サミットを開催した時のデータです)

 

イギリスニューカッスル・アンダー・ライム市/イギリス
NEWCASTLE UNDER LYME
URL:http://www.newcastle-staffs.gov.uk/index.asp

ニューキャッスル・アンダーライム市市長 Ms.Betty Blaise
    (ベティ・ブレイズ)
人口 127,000人
位置 ロンドンの北約200km
特長
永い歴史と伝統のある美しい町並みが今も残っている。市内を見下ろす丘には16世紀の古城が残り、石造りの住宅が今も多く見られる。スタッフォード地方の中心都市。
産業
従来は石炭産業の町であったが、ハイテク企業立地に成功した結果、ハイテク製品の製造が盛んである。世界的に有名な陶器「ウェッジウッド」の生産地でもある。

 

アメリカニューキャッスル市/ペンシルベニア州/アメリカ
NEW CASTLE
URL:http://www.newcastlepa.org/

ニューキャッスル・ペンシルベニア州市長 Mr.Timothy M.Fulkerson
    (ティモシー・M・フルカーソン)
人口 28,000人
位置 ピッツバーグの北約80km
特長 
なだらかな起伏の少ない丘陵地に開けた町で、大学や病院などの施設が整ったアメリカの典型的な地方都市である。ピッツバーグのベッドタウン。ローレンス郡の中心都市。
産業
主要産業はスチール、ガラス製品、銅製品である。近年は古い映画館をショッピングセンターにするなど、商業集成に力を入れている。映画会社ワーナーブラザーズ発祥の地である。

 

アメリカ ニューキャッスル市/インディアナ州/アメリカ
NEW CASTLE
URL:http://www.cityofnewcastle.net/

ニューキャッスル・インディアナ州市長 Mr.Sherman Boles
    (シャーマン・ボールズ)
人口 18,000人
位置 インディアナポリスの東約100km
特長
地形は平坦で緑が多く、犯罪の極めて少ない町である。バスケットボールが盛んで、町にはバスケットボール記念館があり、年間を通して多くの人がここを訪れる。ヘンリー郡の中心都市。
産業
観光中心の町であったが、工業誘致政策を推し進めた結果、徐々に企業が立地し始めており、特にアメリカ型のツーバイフォー住宅は産業の中心である。

 

ドイツノイブルグ市/ドイツ
NEUBURG
URL:http://www.neuburg-donau.de/index.htm

ノイブルグ市市長 Mr.Hans G.Huniar
    (ハンツ・G・フニオール)
人口 27,000人
位置 ミュンヘンの北西約100km
特長
ドナウ河畔の平野に開けた、歴史の古い美しい景観の城塞都市である。文化財が多くあり、それらの貴重な遺産を保存するために努力している。
産業
従来からの企業誘致政策が成功し、自動車関連企業が多く立地している。それに加え観光産業が次世代産業と位置づけ、積極的に取り組んでいる。立地企業は全てグリーンウォールと呼ばれる木立の中にあって、外からは見えないという特色を持つ。

 

スイスヌシャテル市/スイス
NEUCHATEL
URL:www.neuchatelville.ch/
ヌシャテル市市長 Mr.Didier Burkhalter
    (ディディエ・ブュルクテール)
人口 32,000人
位置 ジュネーブの北東約100km
特長
ヌシャテル湖畔の斜面に広がる、美しい景観を誇る町である。ヨットやスキーなどのレジャーの拠点として、また観光を目的として年間を通して多くの人がこの町に訪れる。カントン郡の中心都市。
産業
時計と精密機器製造が主要な産業である。時計は有名ブランド製品を多く生産しており、精密機器における精度や研究水準は、世界でもトップレベルにある。

 

南アフリカニューカッスル市/南アフリカ
NEWCASTLE
URL: http://newcastle.gov.za/

市長 Dr.S.M.Dhlomo
    (S.M.ドローモ)
人口 38,000人
位置 ヨハネスブルグの東南約200km
特長
起伏に富んだ地形と自然を活かし、アウトドアスポーツやレジャーが盛んである。また、鉱山ツアーも有名で観光資源にも恵まれている。北ナタル地方の中心都市。
産業
内陸部に位置するが温暖な気候のため、観光産業が大きな比重を占めている。特にハンティング、キャンピングはとりわけ有名である。

 

 

日本 新城市/日本
(この掲載内容は、平成10年開催時のデータです)

新城市市長 山本芳央
    (やまもとよしお)
人口 37,000人
位置 名古屋から東へ約60km
特長 
愛知県の東部に位置し、永い歴史と伝統のある町で、民俗芸能の宝庫といわれる。また、町の東西を清流豊川が流れ、自然環境に恵まれている。市内の桜淵公園は桜の名所としても有名である。奥三河地域の中心都市。
産業
工業面では企業誘致が進み、農業面ではほ場整備を行うなど、産業振興に努めている。高速道路のインターチェンジが計画されていることから、これを活用した新しい産業創出を目指している。

 
[ページトップへ]