会期 2004年2月15日から22日
参加都市 新城市(日本)、ニューキャッスル市(南アフリカ)、ニューキャッスル市(米国インディアナ州)、ニューキャッスル市(米国ペンシルベニア州)、ノイブルグ市(ドイツ)、ニューキャッスル・アンダーライム市(イギリス)、ニューキャッスル・アポンタイム市(イギリス)、ヌシャテル市(スイス)

開催地
南アフリカニューキャッスル市南アフリカニューキャッスル市

人口 38,000人
位置 ヨハネスブルグの東南約300km
特長 
北ナタール地方の中心都市で南アフリカの都市の中では交通の便も良く、歴史的名所や観光地の拠点でもある。
産業
鉄鋼業、観光業、石材加工業、自動車産業

 

 第4回世界新城サミットが南アフリカのニューキャッスル市において開催され、新城市からは市長、市議など6名が参加しました。このサミットでは「文化」と「教育」を主要テーマとして、参加都市が連携して進める文化・教育の交流について話し合いました。

 

主要議題 文化・教育における交流の促進

主なスケジュール                                            

開会式(2月15日)開会式
 サミットの開会式では、モンテビスタ会議場において、伝統的なズールダンスの歓迎で始まり、記念品交換やロータリークラブバナー交換が行われました。南アフリカのニューキャッスル市からは、サミット開会式を記念した時計が参加都市に贈られ、新城市からは「まちなか博物館」の牧野春男さんによる手作りの竹細工が贈られ、南アフリカの人々に大変好評を博しました。

 

文化・教育シンポジウム(2月16日、17日)
文化・教育シンポジウム 2月16日の文化シンポジウムでは、各参加都市の代表が自国の文化の紹介や、今後の文化交流について発表を行いました。
 どの都市も伝統文化や芸術・スポーツの交流をこれまで以上に発展させたいと考えており、今後の交流が期待されます。

 

 2月17日の教育シンポジウムでは、参加各都市の進める教育カリキュラムの発表や若い世代の交流について話し合いました。シンポジウム終了後、複数の都市から新城市へ学生を派遣したいとの申し出があり、このサミットによって学生交流がさらに進むことになりました。


フレンドシップガーデン開園式(2月18日)フレンドシップガーデン開園式
ニューキャッスル市役所横の広場では、サミット参加都市の友好を記念する、フレンドシップガーデン開園式が行なわれました。御影石で作られた記念碑には、各国語で綴られた友好の言葉と、各都市の市章が刻まれています。各市長は、集まった多くの市民の前で開園を祝うスピーチを行い、友好を改めて確認しあいました。


記念碑のことば
国境が我々を隔て文化が我々を異質化しようとも新城という名は我々を結束させる

 

市民視察と国際協力(2月18日)市内視察
 サミット参加者はグループに分かれて、市内施設を視察しました。市長たちは交通と犯罪の両警察署を訪れ、犯罪の防止についてのニューキャッスル市の取り組みや、緊急対応などの仕組みについて視察しました。
 また、州立病院と私立病院を視察し、ニューキャッスル市における疾病の予防施策や、病院経営安定のための手法について学びました。

 

 ニューキャッスル市で、現在最も大きな問題となっているエイズについても、現地でエイズ拡大防止の活動を続けている、NGO団体の代表者と協議し、新城市国際交流協会と連携した取り組みにつき、今後も話し合い、エイズ撲滅に何らかの形で協力していくことで合意しました。


コミュニケコミュニケ調印式調印と閉会式(2月21日)
 サミット最終日には、市長会議での合意内容の発表を行なうとともに、コミュニケに調印してサミットの全日程を終了しました。

 

 

 

閉会式合唱風景

 閉会式では、地元高校生が各国参加者に、合唱やブラスバンドの演奏を披露して閉幕しました。

 

 

 

 

共同声明

<和訳>

 私たち、世界新城ネットワーク8都市は、2004年2月14日から22日に渡り、南半球に位置する南アフリカ・ニューキャッスルに集い、第4回の会合を持った。日本、新城市の提唱で始められて以来、私たちは親しく意見を交換しあい、相互理解、友情、そして団結を深めてきた。私たちは相互交流そして世界平和推進のため、相互を結ぶ国際的ネットワークづくりを成し遂げ、世界における文化の多様性を理解すべく、文化という議題を取り上げてきた。

 地球市民として、共通の問題への解決に寄与し、相互の発展を図るべく、私たちはパートナーとして協力し合い、このネットワークの拡大と以下の項目で合意に至った。

  1. 私たちは、それぞれの地域でさまざまな面からの相互理解と信頼を築き、恒久的な友好関係を作り上げるため、学生、市民、研究者など、人々の交流を促進する。
  2. 私たちはすべての市民の歴史、伝統、スポーツ、芸術などの文化交流を促進する。これにより、世界各地における相互学習、理解を通して、世界平和に貢献する。
  3. 私たちはあらゆる分野における経済交流を促進する。これにより各都市が、その強みを生かしながら発展していくことを目指す。
  4. 私たちは協力し合い、この国際ネットワークを活用し、また個々の競争力を生かしながら、共通の問題の解決を目指す。
  5. 今回のサミットで得た成果を継続すべく、私たちは第5回サミットをイギリス・ニューキャッスルアンダーライムに於いて開催する。

2004年2月

 

[ページトップへ]