農作物が鳥獣被害にあって困っています。何か良い方法はないですか。  

  鳥獣被害防止活動に取り組むためには、鳥獣の生態、被害防止施設の設置方法等の知識や技術を持った上で適切な対策を講じなければなりません。

  • ネット・電気牧柵を設置する
  • 草刈をこまめに行う
  • 餌となるもの(残飯など)を放置しない

などの方法がありますが、鳥獣の種類、農地の状況により異なります。

 また、電気牧柵の購入には市の補助があります。申請書の配布は鳥獣害対策室でおこなっています。