新城市は、新城市、鳳来町、作手村の新設合併によって平成17年10月1日に誕生しました。
 愛知県の東部、東三河の中央に位置し、東は静岡県に接しています。新城市の位置図


 東西約29.5キロメートル、南北約27.3キロメートルで、県内2番目の広さとなる499.23平方キロメートルを有しています。
  市域の84パーセントは、三河山間部を形成する豊かな緑に覆われ、東三河一帯の水源の役割を果たしています。
  また、桜・紅葉が美しく、「三河の嵐山」とも呼ばれる桜淵公園や、霊鳥仏法僧(コノハズク)の棲む山として全国的に知られ、国の名勝に指定されている鳳来寺山など、市域に広がる国定公園・県立公園の指定区域には、特徴ある地形や豊かな植生、美しい景観が点在して訪れる人を魅了しています。
  このほか夏でも涼しくレジャースポットとして人気のある作手高原、1,300年の歴史を誇る湯谷温泉、里芋・お茶・梅・高原野菜など風土を活かして産出される特産品、素人歌舞伎・田楽をはじめとする数々の伝承芸能など魅力いっぱいの地域で、春の桜まつり・古城まつりや秋のもみじまつりなど四季折々のイベントが目白押しです。

 中でも、長篠・設楽原の戦いで知られるこの地では、5月の長篠合戦のぼりまつりや7月の設楽原決戦場まつりなどでは、火縄銃実演の演武もあり、来場者を魅了します。

 

 

 


 鳳来には、標高695mの「霊峰鳳来寺山」がそびえ立ち、徳川家康ゆかりの鳳来寺や東照宮、日本戦史で有名な長篠の戦いの地となった長篠城址、また日本の滝百選にも指定されている全長64mの「阿寺の七滝」、大小様々な洞穴と巨岩の奇観が見所の峡谷「乳岩峡」を楽しめるなど、まさに自然と歴史の宝庫です。

長篠合戦のぼりまつり

   長篠合戦のぼりまつり      

鳳来寺山

     鳳来寺山仁王門

 

 作手は、平均標高550m、北部を愛知高原国定公園、南西部を本宮山県立自然公園が占める自然環境豊かな高原地域です。中央部に水田が広がり、その周囲を丘状の山々が取り囲む、さながら緑の厚い盆を持ち上げた様な地形です。

さぎそう

      さぎそう