新城市災害時要援護者避難支援計画を策定しました

 全国で発生している大雨や地震などによる災害の犠牲者では、高齢者や障害を持つ人たちのなど占める割合が高いことから、このような、いわゆる「災害時要援護者」の避難支援対策が求められています。

 そこで新城市では、避難支援の対象者の範囲、自助・共助・公助の役割分担、避難支援の対象者情報の収集・共有の方法、また、気象情報や避難準備情報などの提供による事前の支援や、災害発生後の支援体制などについて明らかにした、「新城市災害時要援護者避難支援計画」を策定しました。

 なお、この計画は「全体計画」であり、要援護者支援体制の大綱を定めたものです。今後は、要援護者一人ひとりの避難支援方法等を明らかにし、関係者間で情報の共有を図るための、「個別計画」の策定を推進していきます。

 

新城市災害時要援護者避難支援計画

新城市災害時要援護者避難支援計画[682KB pdfファイル]