市では、省エネルギーのまちづくりの推進と、再生可能エネルギーの活用について、みなさんと一緒に考えるための「再生可能エネルギー塾2018」を開催します。

昨年度、市はエネルギービジョンを策定しました。そこでは再エネ・省エネを普及していくだけでなく、「エネルギーによるみのり(=稼ぎ)」をできるだけ地域内で循環させていくことを目指していくこととしました。この目標に向かうためには、電気を「つくる(=創エネ)」だけではなく、電気を「減らす(=省エネ)」ことも重要です。また、エネルギーによる利益を地域に還元する小売会社(=新電力会社)も増えてきています。今年度はエネルギーによるみのりが地域でめぐるまちを目指すために皆さんと学んでいきたいと思います。

開催日程及び内容・開催場所
  日時 場所 テーマ 講師
第1回

9月15日(土)

午後1:30から

午後3:30

新城文化会館301講習室

エネルギービジョンとエネルギーの「みのり」について

株式会社E-konzal

小川 祐貴氏

第2回

9月30日(日)

午前10:00から午後3:00 

勤労青少年ホーム

展示室

親子でつくるペットボトルソーラーランタン体験(しんしろエコフェスタの中で開催します)

市職員が対応します

第3回

12月16日(日)

午後1:30から午後3:30

新城文化会館

301講習室

地域新電力と地域への利益還元

京都大学プロジェクト研究員 

稲垣憲治氏

第4回

未定

(冬ごろ)

新城文化会館を予定

省エネルギーについて

調整中

 

参加対象、定員 

どなたでも参加できます。定員各回40名となります。

参加費

無料です。

申し込み
  • 第1回、第3回、第4回:必要事項(氏名・連絡先)を電話、ファックス、メールにて環境政策課までお申し込みください。
  • 第2回:当日、ご自由にご参加いただけます(500mlの空きペットボトルをご持参ください)