平成30年7月2日(月)からマイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、全国のコンビニエンスストア等で住民票の写し等の証明書が取得できるコンビニ交付サービスを開始しました。

 コンビニ交付とは

マイナンバーカードに搭載のされた電子証明書(利用者証明用電子証明書)を利用して、コンビニエンスストア等に設置された多機能端末機(マルチコピー機)から住民票の写し等を取得できるサービスのことです。住んでいる区市町村だけでなく、全国のコンビニ交付対応店舗で新城市の証明書が取得できます。

マイナンバーカードの交付申請については、マイナンバーカード総合サイトをご覧ください。(新規画面が開きます)

 利用方法

マルチコピー機操作画面の「行政サービス」を選択後、画面案内に従って操作します。マイナンバーカードの読み取り、暗証番号(数字4桁)の入力、証明書の選択、手数料の投入などが必要です。 

 利用時間

午前6時30分から午後11時まで(年末年始、メンテナンス日を除く)

※休日も利用できます。

 利用可能な店舗

全国のセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス・イオンリテール等

※マルチコピー機が設置されている店舗に限ります。

 取得できる証明書

証明書の種類

手数料(1通)

取得できる人 取得できる範囲
住民票の写し 200円 新城市に住民登録をしている人 本人または同一世帯の人のもの
印鑑登録証明書 200円 新城市に住民登録をしている人で、印鑑登録をしている人 本人のもの
戸籍証明書 450円 新城市に本籍のある人 本人または同一戸籍に記載のある人のもの
戸籍の附票の写し

200円

新城市に本籍のある人 本人または同一戸籍に記載のある人のもの

・取得できるのは最新の証明書で、住民票除票や改製原戸籍・除籍謄本等は取得できません。

・住民登録が新城市にない方で、新城市に本籍のある方が戸籍証明書等を取得したい場合の利用登録については、J-LIS地方公共団体情報システム機構(コンビニ交付)サイト本籍地の戸籍証明書取得方法をご覧ください。(新規画面が開きます)

 その他

・マイナンバーカードの置き忘れなどお取り扱いには十分ご注意ください。

・取得した証明書の返品・交換や手数料の返金はできません。

・暗証番号を連続で3回まちがえると、カードにロックがかかり利用できなくなります。その場合は、住民登録がある市区町村で暗証番号の再設定を行ってください。

・15歳未満の方は利用できません。

「コンビニ交付を始めます!!」チラシはこちらをご覧ください。(新規画面が開きます)