2019年度高齢者肺炎球菌予防接種(定期)

 肺炎球菌予防接種は、高齢者の肺炎の原因となる病原体の中で最も頻度の高い「肺炎球菌」による肺炎を予防するためのワクチンです。肺炎は日本人の死亡原因の第3位で、75歳以上では死亡率が急激に増加します。
 2019年度から5年にわたり、これまで接種を受けていない方への接種機会を引き続き提供することになりました。

定期接種 対象者

市内に住所を有し、次の1または2に該当する方

1:2019年度に次の年齢となる方

      65歳:昭和29年4月2日生まれ~昭和30年4月1日生まれの方
      70歳:昭和24年4月2日生まれ~昭和25年4月1日生まれの方
      75歳:昭和19年4月2日生まれ~昭和20年4月1日生まれの方
      80歳:昭和14年4月2日生まれ~昭和15年4月1日生まれの方
      85歳:昭和  9年4月2日生まれ~昭和10年4月1日生まれの方
      90歳:昭和  4年4月2日生まれ~昭和  5年4月1日生まれの方
      95歳:大正13年4月2日生まれ~大正14年4月1日生まれの方
      100歳:大正  8年4月2日生まれ~大正  9年4月1日生まれの方
  101歳以上:大正  8年4月1日以前生まれの方

2:60歳以上65歳未満の方で心臓・腎臓・呼吸器に著しい障害のある方やヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害のある方
 

該当年齢の方には4月上旬に個別通知しています。(予診票同封)
すでにこの予防接種を受けたことのある方は対象外になります。

接種費用

 自己負担 2,000円(医療機関に直接お支払いください。)

期間

 2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)まで

予防接種の受け方

 ※医療機関へ直接予約して接種してください。平成31年度高齢者肺炎球菌予防接種医療機関一覧 [146KB pdfファイル] 開業日・連絡先など詳しくは新城市医師会(新しい画面が展開します。)をご覧ください。
 ※接種には「高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種予診票」が必要です。
 ※接種する際、運転免許証・保険証など住所・年齢の確認できるものを医療機関に提示してください。
 ※対象者の中で生活保護世帯の方は、接種費用が免除されます。
  接種費用の免除を受けるには、福祉課が発行している「生活保護受給証明書」が必要です。
 ※入院等のため市外の医療機関等での接種を希望される方は、手続きが必要ですので、新城保健センターまでお問い合わせください。

新城地区

 あいきょうクリニック
 今泉病院
 内山医院
 くまがい医院
   新城市民病院
 しんしろフィットクリニック
 高木内科医院
 ちさと医院
 茶臼山厚生病院
 中根医院
 中村医院
 西新町整形外科
 のだクリニック
 緑が丘診療所
 むらまつ内科
 米田内科

鳳来地区

 荻野医院
 織田医院
 静巌堂医院
 ながしのクリニック
 ほうらいクリニック
 星野病院
 宮本医院

作手地区

 作手診療所

 

肺炎球菌感染症について

 肺炎球菌感染症(高齢者)厚生労働省ホームページ (新しい画面が展開します)