制度の概要

 循環型社会形成推進交付金は、平成16年度の「三位一体改革」により、平成17年度に新たに創設されました。

 廃棄物の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を総合的に推進するため、市町村の自主性と創意工夫を活かしながら広域的かつ総合的に廃棄物処理・リサイクル施設の整備を推進することにより、循環型社会の形成を図ることを目的とするものです。

 

循環型社会形成推進交付金事後評価

 本市では、生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止し、生活環境の保全と公衆衛生の向上を目的として、平成22年度から平成26年度までの5ヵ年整備計画を策定し、浄化槽設置整備事業を推進してまいりました。

 計画期間の終了に伴い、当該事業の事後評価を実施しました。

 

循環型社会形成推進地域計画目標達成状況報告書 [177KB pdfファイル] 

 

担当

上下水道部 整備課 電話番号 0536-23-7644