長者平団地(ちょうじゃひらだんち)  只今20区画好評 分譲中(奨励金あり)

 

~応援!子育て&若者家族「長者平購入100万両奨励金」~

新城市では、若者定住の促進を図るため、長者平団地の購入者に奨励金を交付します。

対象になる方などの詳細については、「長者平団地分譲地購入奨励金概要(PDF)」ファイルをご覧ください。

 

 標高530Mにある長者平団地はこんな感じ  

              

H22.11撮影

H22.11撮影

H22.11撮影
H22.11撮影

 

物件概要

  • 所在地/愛知県新城市作手高里地内

  • 交通/JR飯田線「新城駅」から車で約25分

  • 地目/宅地

  • 用途地域/都市計画区域外、無指定

  • 総区画数/47区画

  • 販売区画数/20区画

  • 分譲価格(1区画)/662.4万円から985.1万円まで

  • 分譲面積(1区画)/294.11平方メートルから503.35平方メートル(約88坪から約152坪)

  • 最多価格帯/800万円台から900万円台(14区画)

  • 建ぺい率/70%

  • 容積率/200%

  • 上水道/新城市作手簡易水道

  • 下水道/新城市汚水処理施設(終末処理場)

  • 電気/中部電力

  • ガス/LPガス

  • CATV/受信可能

  • 道路/6メートルから15メートルアスファルト舗装

  • 売主/新城市

  • お申し込み、お問い合わせは作手総合支所地域振興課へ

 

長者平団地サイトマップ

1.
おすすめ!

2.
全体図

3.
分譲価格表

4.
分譲の条件

5.
建築の指針

6.
周辺情報

7.
ダウンロード

8.

住み心地

 9.

米福長者

 10.

イベント情報

 

 

       

     

1.長者平団地のここがおすすめ

低価格でゆとりの広さ
  • 土地の広さは約88坪から152坪なので、「家庭菜園」や「ガーデニング」を思いっきり楽しめ、地球にやさしいエコ生活ができます。
  • 子ども達も大満足の遊び場ができあがり。 ガーデニング
  • 土地が広いからお庭をいろいろアレンジ可能。ガーデニングと合わせて「ウッドデッキ」等を作れば家族の憩いの場がもうひとつ増えます。ウッドデッキやベランダ越しから見える田園風景は身も心も癒してくれます。 
  • お手頃価格なので、浮いたご予算で、こだわりの家を建てられてはいかがでしょうか。「暖炉」「ロフト」「ガレージ」「工房」等あなたの夢をかなえてみませんか。
  • 併用住宅もOKですよ。お店経営の夢を実現してみませんか。
  • 宅地ご購入の方には、市から「報奨金」「奨励金」を支給いたします。
    • 土地売買契約時の「収入印紙代」と登記時の「登録免許税」に相当する額を報奨金として交付します。
    • 交付申請時点において夫または妻が35歳以下の夫婦か、住宅を建設し市民となった時点において義務教育終了前の子どもを養育する家族に予算の範囲内で100万円を交付します。
  • 登記は、市で行いますので、登記手数料はかかりません。ただし、登録免許税は必要となりますが、後日報奨金として相当額を交付します。
  • 宅地の分譲について、愛知県宅建協会の東三河、西三河、豊田の各支部と分譲媒介について協定を結んでいます。

 

 標高530メートルの高原なのに利便性の良さが魅力
  • 豊田市、岡崎市、豊橋市、豊川市の中心部まで車で1時間圏内の通勤圏。  H22.11撮影
  • インフラ整備済み(水道・下水は本管からの取出済み CATV受信可能) 
  • 田舎なのに、団地の周りには、医療、福祉、教育施設が徒歩圏内にあり、日常の買い物は楽にこなせます。
    • 写真は作手中学校です。学校の見学もできますので御相談ください。詳しくはこちらをご覧ください。作手中学校ホームページ(新しい画面が展開します)

 

 

 

  まだあるおすすめ

  • 長者平団地のある作手地区は自然がいっぱい H21.11.25 撮影
  • 自然の中で子どもがのびのび育つ! 学校や団地周辺で様々な自然の体験ができます。
  • 学校は少人数学級 全校生徒がみんな友達。
  • 地元で採れる野菜やお米がおいしいし、学校給食は地産地消が基本です。ごはんはいつも炊き立て!          
  • テニスコート、プール、ゴルフ場などのレジャー施設が近くにある。スポーツで健康的に。
    • 写真は作手地区南部を流れる巴川の紅葉です。 

 

やっぱり一番のおすすめはこれ
  • 何よりも地元の人が親切でとても優しい 地元の方とのお付き合いも田舎暮らしの魅力かな   

トップへ

 2.長者平団地全体図 

 

 

 

 注意事項

  • 白抜き数字が分譲中の区画
  • 物件の引き渡し後「売却済」とします。
  • 簡略図のため、実際の縮尺とは異なります。詳細は分譲価格表から各区画のページをご覧いただくかお問い合わせください。

  トップへ

 3.長者平団地分譲価格表  

宅地

番号

面積

(平方メートル)

分譲価格

(万円)

宅地

番号

面積

(平方メートル)

分譲価格

(万円)

宅地

番号

面積

(平方メートル)

分譲価格

(万円)

1

 売却済

2

378.36

884.0

3

売却済

4

360.26

684.4

5

売却済

6

348.65

662.4

7

413.70

976.3

8

378.05

718.2

9

369.84

893.6

10

 売却済

11

348.03

870.0

12

売却済

13

売却済

14

売却済

15

 売却済

16

353.54

883.8

17

売却済

18

売却済

19

売却済

20

348.00

796.9

21

391.12

985.1

22

売却済

23

354.81

828.7

24

326.80

722.2

25

345.80

791.8

26

売却済

27

416.61

920.7

28

売却済

29

売却済

30

売却済

31

354.37

885.9

32

売却済

33

330.38

832.6

34

345.82

904.7

35

361.49

903.7

36

売却済

37

377.61

944.0

38

503.35

932.4

39

売却済 

50

売却済

51

売却済

52

売却済

53

売却済

54

売却済

55

売却済

56

売却済

57

売却済

 

 

※宅地ごとの詳細はこちらをご覧ください。
  • 宅地番号2から11
  • 宅地番号16から33

  • 宅地番号34から38                                                                                                                                                               トップへ

注意事項 
  1. 売買契約
    • 分譲価格の3%相当額が契約保証金となります。
    • 残金は契約締結後60日以内に納入していただきます。
  2. その他
    • 宅地内に電柱、電柱の支線及び消火栓器具格納箱が設置されていても原則として移転しません。
    • 宅地の高さ等は現状のまま引き渡します。
    • 水道及び下水(汚水)の取り出し位置は現状のまま引き渡します。
    • 宅地の支持基盤は現状のまま引き渡します。
    • 宅地の法面は現状のまま引き渡します。
    • 不動産業者に支払う仲介手数料は必要ありません。

 

    4.分譲の主な条件

     

    • 所有権を取得した日から、原則として5年以内に住宅の建設を完了すること。
    • 宅地以外の用途に転用しないこと。
    • 新城市長者平団地の宅地分譲に関する規則又は売買契約の条項に違反しないこと。 
    • 地元の自治会「長者平区」に参加すること。

     

     ※御不明な点はお気軽にお問い合わせください。

    トップへ

      5.住宅建築の指針

    • 住宅等の建築は建築基準法等の関係法令を遵守すること。
    • 建築物は周囲の自然環境との調和並びに景観保持に配慮すること。
    • 宅地の地盤高を変更しないこと。ただし、隣接者等の承諾が得られた場合はこの限りでない。
    • 宅地内の空き地は、良好な住環境創出のため緑化に努めること。
    1. 高さの制限
      • 建築物の高さは地盤高から10メートル、軒の高さは7メートルを限度とし、2階建以下とすること。
    2. 建築面積の制限
      • 建ぺい率70%以下とすること。
    3. 建築延面積の制限
      • 容積率200%以下とすること。
    4. 敷地境界線までの距離の制限
      • 敷地境界線から1mを緩衝帯として建築物を建築しないこと。ただし、別棟の平屋建ての物置及び自家用自動車の車庫等については0.5メートルとする。
    5. 垣根等囲いの高さ制限
      • 敷地境界線の囲いは高さ1.8メートル以下とし、生け垣又は開放性のあるフェンスとする。
    6. 給水施設
      • 市の簡易水道管に接続すること。
    7. し尿及び生活雑排水の処理
      • 団地内の汚水処理管に接続すること。

    トップへ

     6.長者平団地周辺情報 ※表示距離は全て団地の中心地から

    • スーパー、コンビニ、こども園、小学校、中学校、高校、金融機関、郵便局、診療所、介護施設、保健センター、消防署(出張所)、作手総合支所など日常生活に関連する施設が徒歩圏内!

     

    育児・子育て

    育児・子育て

    育児・子育て・就学の施設が徒歩圏内にあります

     

    くらし

    くらし

    田舎だけど日常生活に必要なものが近くにあります

    直売所がすぐ近くにあり、毎日取れたての野菜が選べますよ

      • 新城市役所作手総合支所へ 約400m(徒歩約5分)
      • 作手郵便局へ 約300m(徒歩約4分)
      • JA愛知東作手支店(金融)へ 約200m(徒歩約3分)
      • JA愛知東Aコープ作手店 勇気野菜館へ 約200m(徒歩約3分)
      • JA愛知東ガソリンスタンドへ 約300m(徒歩約4分)
      • コンビニエンスストアへ 約600m(徒歩約8分)
      • 豊橋鉄道高里バス停へ 約450m(徒歩約6分)

    病気・介護

    病気・介護

    田舎に暮らす

    安全・安心

    安全・安心

    もしもの時の安全・安心

      • 新城警察署高里駐在所へ 約1,000m(徒歩約13分)
      • 新城市消防署作手出張所へ 約350m(徒歩約3分)

    通勤・お出かけ

    通勤・お出かけ

    三河地域の主要都市まで約1時間の田舎

    • 車なら

      • 新城市街地へ 約20km
      • 東名高速豊川インターへ 約30km
      • 東海環状豊田松平インターへ 約33km
      • 東名高速岡崎インターへ 約32km
      • 豊橋市街地へ 約37km
    • バスに乗るには

      • 『高里』バス停(バス待合所が隣接しています。)

        • 市営バス、豊鉄バスが運行しています。

          作手地区内は、「守義線」、「つくであしがる線」をご利用ください。詳しくはバス運行路線図をご覧ください。

           新城市街、豊橋方面へは、「豊鉄バス」をご利用ください。詳しくはバス運行路線図 をご覧ください。

    • 鉄道に乗るには

      • JR飯田線新城駅へ 約20km
      • 名鉄豊川線豊川稲荷駅へ 約31km
      • 名鉄名古屋本線本宿駅へ 約25km
      • 名鉄名古屋本線東岡崎駅へ 約35km
      • 名鉄三河線豊田市駅へ 約40km

     

    トップへ

     7.ダウンロード 

     8.長者平団地の住み心地

    団地にお住まいのMさんご一家に聞きました。

    団地にお住まいのMさんご家族

    周りに自然がいっぱいな所が気に入ったそうです。特に窓から見える一面の田園風景がよく、夏になればホタルも見られるとのことです。

     

     

     

     

     

     ログハウス建築中のMさんログハウスをご自分で建築されたMさんに長者平団地の決め手を聞きました。

    標高530mの高原で、岡崎市から約1時間で来ることができるから。

     

     

     

     

     

    トップへ

     

     

     

    9.米福長者(よねふくちょうじゃ)のお話し

     高い本宮の峰をいくつか登りつめていくと、やがて目を見張るような平地が開けてきます。ここが作手の里(作手高原)です。ずっと遠くには小高い山が連なって、この平地を取り囲んでいますが、だれだってこんな平原が高い山の上にあるとは信じられないほど広々としているのです。ですから、ここは昔からどっさり取れるお米で、みんな楽な暮らしをしていました。

      なかでも米福長者は、この平地のまん中に大きな屋敷を持っていて、ここで取れる質の良いお米でお酒を造っておりました。それは大変なお金持ちでありました。屋敷は、今の家なら何軒もすっぽり入ってしまうほど広く、周りは堀をあげて土盛りをし、堀には石を敷きつめて、いつもきれいな水が音をたてて流れておりました。

     酒造りだけでなく、鉄を打って道具を作ったりする仕事をするための鍛冶場もありました。また蔵には、沢山の炭・うるし・朱などが貯えてありました。大きな池のそばには、大きなカヤの木が立っており、その木の下には金山神をおまつりしてありました。いまでは、この長者の屋敷跡一帯を長者平(ちょうじゃひら)と呼んでいます。

     

     米福長者は、大変心がけの良い人でした。神や仏をあつく信じ、人には、情け深くしました。村に病人あれば心をこめて見舞いにいき、くらしにこまる人があれば出かけていって助けてやりました。

     寒い冬には、米福長者の屋敷は、酒造りで大忙しになります。つばきの花が咲いて散り、長者の酒蔵が新しい酒でいっぱいになるころになると、お祭りが行われます。そのお祭りの日には長者の家の門が開かれ、酒がめが並べられて、訪ね来る人は誰でも自由に飲むことができました。遠くの村からも、長者の家へ集まってきました。

     神様にお供えする酒は特に念を入れて造りましたから、すばらしい香りや味がして、黄金色に澄みとおっていました。酒をとったあとの酒粕は、屋敷からずっと離れた平地のむこうの聖地として選んだ場所へ運んで埋めました。それがずっとつもって小さな山になりました。人々はそこを粕塚と呼びました。今では、そこに八幡様をおまつりして、こんもりしげった森になっています。

     また長者は、酒・農産物・馬などを売る市もつくりました。今でも、市場という地名になり残っています。

     こんなに栄えた米福長者も、いつの世にかだんだん衰えてしまいました。特に、大金を貸したために破産してしまっただろうともいいます。あるいは、武士の勢におされてどこかへ逃亡しなければならなくなったのかもしれません。

     ずっと後の世になって、米福長者の屋敷のあった近くのお宮から、
     「うるし千べん、朱千べん、黄金千べん 朝日さす 夕日かがやく よし三本のもとにうずめおく。」
    と書いた木札が見つかり、大騒ぎとなりました。長者平の人々は、この歌のもとは粕塚であろうということで大勢でいく日も掘ってみました。けれども、何一つ出てこなかったということです。

    「つくでの昔ばなし」から

    トップへ

     10.イベント・耳より情報

    作手地区で行われるイベント情報です。