お宅の家具は大丈夫ですか

家具の固定方法

 家具を固定するための「固定用具」には、いろいろな形の物があります。家具を確実に固定するためには、固定用具を正しく取付けることが必要です。

L字金具L字金具取り付け例の写真

 (家具と壁をネジで固定するタイプ )

対象    

タンス、食器戸棚、本棚等の家具類

取付方法 
  1. 取付けるためには、壁と家具両方に十分な強度が必要です。家具を固定する場所に、柱や鴨居がある場合は強度を確認し家具と固定します。ない場合には、壁に固定します。この場合には、打診等により必ず、壁の下地の桟の位置を確認して固定してください。
  2. 家具側の強度を確認します。家具の中に取付が可能な心材の位置を必ず確認してください。

 

 ベルト式

 (家具と壁をネジで固定するタイプ)

L字金具同様に、壁と家具の両方に十分な強度が必要です。

対象

タンス、食器戸棚、本棚などの家具類

取付方法
  1. L字金具同様、強度を確認しながら柱(又は壁)と、家具に金具をネジ止めしてください。
  2. 壁側の金具と、家具側の金具をベルトでつなぎます。その際、家具の両端に同じ形式の器具を両端に固定してください。ベルトの長さが短い方が強度は高まります。

ベルト式取り付けの良い例ベルト式取り付けの悪い例

 

ポール式

(家具と天井の間に支柱を挟むタイプ)

対象

タンス、食器戸棚、本棚などの家具類(壁への取付が困難な場合)

取付方法
  1. 天井と、対象の家具の天板に十分な強度があること、家具と天井の隙間が広すぎないこと、家具にある程度の奥行きがあることを確認してください。
  2. 天井の強度が不足している場合は、厚めの板を挟むことで補強することもできます。

 

連結金具

(二段重ねの家具を固定する場合)

対象

二段重ねのタンス、食器戸棚、本棚などの家具類

取付方法

家具に十分な強度があることを確認し、上下の家具を連結します。この時に、上部の家具だけでなく下部の家具についても壁等に固定すればより確実です。