家具の転倒防止対策はできていますか?

 

家具の転倒は怖い? 

 地震による被害として、多くの方が最初に思いつくのは、家屋などの倒壊による被害ではないでしょうか。しかし、それ以上に恐ろしいのは家具の転倒による被害です。平成16年10月に発生した新潟県中越地震では、消防本部が搬送した216人のうち約4割の方が「家具の転倒や落下物」による負傷でした。

 家屋が倒壊するほどの揺れでない場合でも、家具類が転倒しその下敷きになってしまうことも考えられます。また、家具の転倒による怪我だけでなく、屋外への避難経路が閉ざされてしまったり、逃げ遅れた人を救出する場合にも大きな障害となってしまいます。

 家具の転倒を防止したり、配置を工夫することは、地震による人的被害を少なくする有効な手段です。是非、自宅の家具の転倒防止対策を行ないましょう。

 家具の配置を工夫しましょう。

大規模地震が発生しても安心できる家具の配置について紹介しています。

 

 家具を固定しましょう。

 効果的な家具の固定方法について紹介しています。

新城市家具転倒防止用具支給事業について

 

問い合わせ

市役所防災安全課 電話0536-23-7660

鳳来総合支所地域振興課 電話0536-32-0512

作手総合支所地域振興課 電話0536-37-2211