小水力発電可能性調査事業の調査報告をします。

  新城市と愛知大学との連携・協力事業として位置づけられていた「小水力発電に関する賦存量調査」について結果がまとまったので報告します。

31箇所の小水力発電事業地を確認

 愛知大学に蓄積されていた情報と市民の皆さんからの情報により、全体で31箇所の歴史的小水力発電事業地を確認でき、小水力発電事業の密集地であったことがわかりました。

 ほとんどの歴史的小水力発電所とその関連施設は、その完璧な姿を留めていません。取水口や導水路、発電所跡地の遺構はかなり見出すことができ、加えて数例ではありますが当時の発電機も発見できました。

 これらの遺構は、今日の小水力発電への指向性の中では、すでに先駆的に成立し、戦争直後まで存続していた点で、十分モデル地域として評価でき、市民への認知のみならず、研究、シンポジウム、見学会などで広く多くの人々にも啓蒙もでき、「歴史的小水力発電事業センター」としてPRすることもできます。(愛知大学名誉教授 藤田佳久氏 報告書より引用)

 調査報告書(概要版) [154KB pdfファイル] 

 過去に水力発電が行われていた場所 [155KB pdfファイル]