中部環境先進5市と災害応援協定を締結しました

1月29日に岐阜県多治見市で開かれた中部環境先進5市サミットで「災害時における相互応援に関する協定」を締結しました。

この協定では地震や豪雨等の大規模な災害が発生した際、食料などの生活必需品や、災害対応資機材、避難者収容施設等を互いに提供するものです。

締結式には5市の市長が出席し協定を交わしました。

協定締結式の様子 

 

中部環境先進5市とは

 「日本の環境首都コンテスト」に毎年参加している中部地方の環境先進5市(新城市、多治見市、安城市、掛川市、飯田市)で構成されています。環境を出発点として様々な分野で連携していく一連の活動を「TASKI(各市のアルファベット頭文字)プロジェクト」呼んでいます。