鳳来寺山歴史文化考証館【通称:観来館(みにこんかん)】とは

  • 鳳来寺山歴史文化考証館(通称:観来館)は、鳳来寺山にまつわる歴史と文化の紹介、地域住民との交流の場として建設されました。
  • 観来館で歴史を学んだあとは、表参道から続く1,425段の石段で、鳳来寺山に登ってみませんか。

所在地

〒441-1944

新城市門谷字木戸2番地3(鳳来寺山表参道入口)

電話番号

0536-35-1494

交通案内

JR飯田線本長篠駅下車、本長篠バスターミナルから豊鉄バス「田口新城線」(海老、田口方面行き)鳳来寺バス停下車、徒歩1分

観来館への案内図 [21KB pdfファイル] 

JR本長篠駅から本長篠バスターミナルへの案内図 [49KB pdfファイル]  

豊鉄バスホームページ(新しい画面が展開します)

開館時間

4月1日から11月30日は午前10時から午後4時

12月1日から3月31日は午前10時から午後3時

休館日

4月1日から11月30日は火曜日(火曜日が祝休日の場合は次の平日)

12月1日から3月31日は月曜日、火曜日(月曜日、火曜日が祝休日の場合は次の平日)

年末年始(12月29日から翌年1月3日)

入館料

無料

 

展示内容

1階特別展示

  • 鳳来寺山又は奥三河を題材とした写真、絵画、小物等を月替わりで展示しています。 

6月の展示
シルバー人材センター写真展
シルバー人材センターの会員で写真の好きな者の集まりです。高齢者であってもみんな元気に山河を駆けめぐり撮影した作品を展示します。

  

  

 2階常設展示

 江戸時代の門前町再現ジオラマ

 江戸幕府の手厚い保護を受けた鳳来寺には、寺院や坊が30以上も建ち並び、ふもとの門前町「門谷」には旅籠が50軒、芝居小屋が3軒もあったといわれます。模型は、江戸時代後半の町並みを300分の1に再現しています。

歴史・人物・文化紹介パネル展示

 鳳来寺山の歴史や時の権力者、文化人との関わりをわかりやすく紹介しています。

【紹介している人物】

  • 利修仙人
  • 源頼朝
  • 武田信玄
  • 徳川家康
  • 十返舎一九
  • 松尾芭蕉

【紹介している歴史、文化等】

  • 鳳来山東照宮
  • 鳳来寺田楽

パネルを使って解説しています。

江戸時代の表参道を300分の1のジオラマで再現しています。

   

1階特別展示フロアでの展示を希望される方へ

  • 申込場所  鳳来総合支所地域課
  • 利用料   無料

展示者は展示をする月の5か月前に決定しますが、同じ月に複数の申し込みがあった場合は抽選を行います。その他、詳細については下記をご覧ください。

鳳来寺山歴史文化考証館の展示ホール利用に関する要綱 [290KB pdfファイル] 

手続・展示利用について [159KB pdfファイル]  

鳳来寺山歴史文化考証館利用許可申請書 [38KB docファイル] 

広報への掲載文 [83KB docファイル]  

 

その他の情報

 

 新城市観光協会ホームページへ (新しい画面が展開します)

 

ページトップへ