門前町「門谷」のシンボルとして杉木立と常夜燈をイメージした門が造られており、参道入り口から三ノ門、二ノ門、一ノ門と並んでいます。

 

  三ノ門及び塀

  参道入り口にあります。「歴史が歩いた坂道」の舞台の始まりとして整備されています。

 

 

 

 

 

 

 

  二ノ門及び木戸

参道入り口より300メートル入ったところにあります。江戸時代の木戸の復元を含めて整備されています。

 

 

 

 

 

一ノ門及び塀

参道入り口より600メートル入ったところにあります。一ノ門から奥の参道は、かつての面影をよく残しており、「歴史が歩いた坂道」の舞台のクライマックスとして整備されています。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ