印鑑登録の申請

ここでは、印鑑登録について説明しています。印鑑証明書を取得するには、印鑑登録されている必要があります。印鑑登録のできる方、登録できる印鑑等はこのページで確認できます。

印鑑登録ができる方

新城市で印鑑登録できるのは、満15歳以上で新城市の住民基本台帳に記載(住民登録)されている人です。(1人につき1個の印鑑を登録できます)

ただし、成年被後見人は印鑑登録の手続をすることができません。

登録できる印鑑

  • 印鑑登録を申請した本人の住民基本台帳に記載されている本人の「氏」や「名」の文字を表しているもの

例:新城太郎 であれば「新城」「太郎」「新太」は登録可能であるが「太朗」はできません。

※なお、氏名が一般に同字とされている澤(沢)、廣(広)などは登録できます。

  • 職業・資格・絵など、氏名に関係ない事柄を表していないもの

例:「医師新城太郎」や芸名などの印鑑は登録できません。

  • 印形が変形しにくいもの
  • 印影の大きさが一辺8mmの正方形に収まらず、または一辺25mmの正方形に収まるもの
  • 枠が欠けておらず、印影が鮮明であるもの
  • 同じ世帯で印鑑登録をされていないもの

※大量に同じ印鑑が出回っているいわゆる三文判は極力避けてください

印鑑登録の方法

本人が手続きをする場合(写真付身分証明を持っている)

即日印鑑登録ができますので印鑑証明を取得できます。(即日交付)

必要なもの
  • 登録する印鑑
  • 官公署発行の写真付身分証明書(住基カード、運転免許証等)
手続きの流れ

本人が手続場所で、印鑑登録申請書を記入し印鑑と身分証を用意して窓口に提出してください。

 

本人が手続きをする場合(写真付身分証明を持っていない)

写真付身分証明書による確実な本人確認ができないため、郵送により本人様宛に照会文書を郵送し、その回答の手続きをしたときに初めて印鑑証明を取得できます。(後日交付)

必要なもの
  • 登録する印鑑
手続きの流れ

本人が手続場所で、印鑑登録申請書を記入して窓口に提出してください。写真付身分証明書による確実な本人確認ができないため、郵送により本人様宛に照会文書を郵送し、その回答の手続きをしたときに、印鑑登録証を交付します。回答時には、登録印鑑と登録者の保険証等の本人確認できる書類を併せて持参してください。

 

代理人が手続きをする場合

代理人による手続きであり、確実な本人確認ができないため、郵送により本人様宛に照会文書を郵送し、その回答の手続きをしたときに初めて印鑑証明を取得できます。(後日交付)

必要なもの
  • 登録する印鑑
  • 代理人の認印
手続きの流れ

代理人が手続場所で、印鑑登録申請書を記入し、代理人選任届、印鑑を用意して窓口に提出してください。写真付身分証明書による確実な本人確認ができないため、郵送により本人様宛に照会文書を郵送し、その回答の手続きをしたときに、印鑑登録証を交付します。回答時に本人が手続きをする場合は、登録印鑑と本人の保険証等の本人確認できる書類を併せて持参してください。代理人が手続きをする場合は、登録印鑑と登録者の保険証等の本人確認できる書類を併せて持参してください。