「災害時における災害時ボランティア支援本部の設置及び運営に関する協定」を締結しました

平成23年5月25日に、新城市と新城市社会福祉協議会の間で「災害時における災害時ボランティア支援本部の設置及び運営に関する協定」を締結しました。

この協定は、地震等大規模な災害が発生した場合に、新城市と新城市社会福祉協議会が連携して災害時ボランティア支援本部を設置・運営し、全国からのボランティアの受け入れを行うためのものです。

 

災害時ボランティア支援本部とは?

災害時ボランティア支援本部とは、大規模な災害が発生した場合、瓦礫の除去や被災者のケア等の支援を行なうボランティア活動の拠点です。

支援本部内では、被災地で必要とされている活動(ニーズ)の把握と、ボランティアの受け入れ、ボランティアが希望する活動内容の把握、活動現場への派遣などを行ないます。

 協定書

災害時における災害時ボランティア支援本部の設置及び運営に関する協定書.pdf [1061KB pdfファイル]