水痘予防接種について

平成26年10月1日から水痘予防接種が定期接種になります

 水痘とはいわゆる「みずぼうそう」のことで、水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスによって引き起こされる発疹性の病気です。
空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、その潜伏期間は感染から2週間程度と言われています。発症すると発熱、発疹が認められ、一部は重症化することがあります。
 水痘は主に小児の病気で9歳以下での発症が90%以上を占めると言われています。小児における重症化は、熱性痙攣、肺炎、気管支炎等の合併症によるものです。
 水痘にはワクチンがあり、ワクチンの接種により発症を予防できると考えられています。予防接種対象者には通知を送りますのでご確認ください。

対象者

市内に住所を有し、次に該当される方

  • 生後12月から生後36月に至る間にある者(1歳以上3歳未満の者)
    【平成26年度は経過措置として生後36月から生後60月に至るまでの間にある者(3歳以上5歳未満の者)も対象となります。】

※該当年齢の方には通知を送ります。
※すでに水痘に罹患した方等は予防接種の対象外になります。
※すでに水痘ワクチンの接種を受けたことがある方は、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなします(経過措置対象者も含む)。

申し込み

市内実施医療機関
(事前に医療機関への予約が必要です。)

※接種回数、実施医療機関等は通知でお知らせします。

費用

無料

持ち物

母子手帳、予診票

水痘ワクチンの定期接種について

水痘ワクチンの定期接種Q&A(厚生労働省) [263KB pdfファイル] (新しいページが開きます)