70歳から74歳までの方が医療機関等に受診されるときは、保険証と合わせて高齢受給者証を提示することになります。
高齢受給者証とは、前年所得(1月から7月までは前々年の所得)に応じて、医療費の一部負担金の割合を示す証のことです。
70歳の誕生日の翌月1日(誕生日が1日の方はその日)から対象となります。

生年月日によって医療費の一部負担金の割合が異なります。

平成26年4月以降に70歳となる被保険者の方(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)は、医療機関等で支払う一部負担金の割合が2割または3割となります。平成26年3月末までに既に70歳に達している方(誕生日が昭和19年4月1日以前の方)は、特例措置が継続されるため、医療機関等で支払う一部負担金の割合は1割または3割のままです。

※現役並みの所得のある方が3割負担になります。