ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

こども園とは

こども園概要

こども園とは

新城市では、平成25年4月から市内の幼稚園・保育園を一体的に運営しています。

  • 施設名称を「こども園」に統一しました。
  • 保育料を統一し、併せて保護者負担を軽減しました。
  • 基本となる開園時間(午前8時30分から午後5時)を統一しました。
  • 3歳から5歳児の基本保育時間(午前8時30分から午後3時)は、就学前教育を保障するため入園要件を撤廃しました。
  • 幼稚園・保育園のカリキュラムを統一しました。

       新城市立こども園カリキュラム(保育教育課程) [445KB pdfファイル] 

入園について

3歳から5歳児の入園要件
  • 平日の基本保育(午前8時30分から午後3時まで)は保育に欠けなくても入園できます。
  • 平日の延長保育や土曜保育(基本保育・延長保育)は保育に欠ける要件が必要です。
0歳から2歳児の入園要件
  • 入園希望の子どもを対象に、保育の必要度に応じて入園と保育時間を決定します。 
保育に欠ける要件とは

家庭の保護者が次のいずれかの事情にある場合を指します。

  • 昼間に居宅外で仕事をしている場合
  • 昼間に居宅内で児童と離れて家事以外の仕事をしている場合
  • 妊娠中であるか又は出産後間が無いこと(出産 産前2か月から産後6か月の間)
  • 病気、けが、または心身に障害がある場合(診断期間内)
  • 児童の家庭内に病人や心身障害者があり、常にその看護をしている場合
  • 災害(火災、風水害、震災等)の復旧に当たっている場合  
  • 昼間に就学をしている場合
  • 就労予定であるか又は求職活動をしている場合(最大90日まで)
  • 児童の療育や児童保護の観点から、特に配慮が必要であると客観的に認められる場合

入園手続

翌年度4月初めから新規に入園を希望される場合は、毎年10月中旬から下旬に各こども園で実施する入園面接に必要書類を整えてお越しください。ただし、希望されるこども園が定員を満たしているなどの理由で希望に沿えない場合があります。 

途中入園手続

年度の途中から入園を希望される場合は、入園希望の前々月末までに、こども未来課で仮申込手続をしてください。入園希望月の前々月末に入園審査をし、入園要件を満たし、入園基準指数の高い方から順に、入園できる園をご案内します。 ご案内の連絡がない場合は、自動的に翌月の入園審査に回ることとなります。

保育内容

保育時間

平日基本保育時間

全園 午前8時30分から午後3時まで

平日延長保育時間 

城北、千郷東、千郷西、東郷西、八名、長篠の各こども園
午前7時30分から午前8時30分まで、午後3時から午後7時まで

千郷中、東郷中、東部、鳳来、大野、作手の各こども園
午前7時30分から午前8時30分まで、午後3時から午後6時まで

新城、東郷東、山吉田の各こども園
午前7時30分から午前8時30分まで、午後3時から午後5時まで

土曜基本保育時間

城北、千郷東、長篠、作手の各こども園(長篠・作手は必要なお子さんがいる場合に開園)
午前8時30分から午後3時まで

土曜延長保育時間 

城北、千郷東、長篠の各こども園(長篠は必要なお子さんがいる場合に開園)
午前7時30分から午前8時30分まで、午後3時から午後7時まで

作手こども園(必要なお子さんがいる場合に開園)
午前7時30分から午前8時30分まで、午後3時から午後6時まで

家庭保育が可能な場合、延長保育・土曜保育・希望保育は利用できません

延長保育・土曜保育は、保護者の就労形態等で保育が必要とされる場合のみ利用できます。利用には、延長保育・土曜保育が必要である旨を証明する書類を提出していただきます。これにより、延長保育・土曜保育の時間を決定します。家庭保育が可能な場合は、希望保育日を除いた平日の基本保育時間のみ利用が可能です。

一時保育

一時保育とは保護者の仕事、傷病、災害、事故、出産、看護、介護、冠婚葬祭、育児疲れなどにより、一時的に日中の家庭保育が困難となる児童を預かる(保育する)制度です。

     
  • 非定期型的保育 家庭での保育が断続的に困難となる場合
  • 緊急保育 やむを得ない理由により、緊急一時的に保育が必要となる場合
  • リフレッシュ保育 育児に伴う保護者の身体的、心理的負担を解消するため、一時的に児童を預かる場合

利用限度
1か月につき14日以内(1回の申込で最長当該年度末まで利用できます) 

対象児童
原則こども園に在籍していない利用開始日現在で満1歳から小学校入学前の児童

利用料 (平日は給食があります。土曜は弁当を持参ください。)
3歳未満児 2,100円/日
3歳以上児 1,000円/日

※利用料の年齢区分は、当該年度の4月1日現在の満年齢

利用日・時間
利用日 実施園の開園日
利用時間 午前8時30分から午後3時まで

※必要に応じ最長で実施園の開園時間まで利用可

対象園
城北、長篠、作手の各こども園

※作手こども園は利用者がいる場合に開園します。

乳児保育 (0歳児保育)

  • 生後6ヵ月を超え、満1歳に満たない乳児
  • 対象園   城北、千郷東、千郷中、東郷中、長篠、作手の各こども園  

障がい児保育

  • 障がいの程度が軽度または中程度の集団保育が可能なおおむね3歳以上の幼児

 子育て相談

  • 地域の子育て家庭の育児不安等について、電話相談や来園相談を実施
     このページを印刷する - こども園とは  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる